「あれ、故障かな??」「なんだかあたたまりにくい?」NGな灯油を使ってませんか?

家庭用石油ファンヒーター

ちょっと余っているから…と昨シーズンから持ち越した灯油を石油ファンヒーターに使っていたり、保管状況の悪い灯油を使っていませんか?

灯油は持ち越してしまうと酸化して変質していたり、保管状況が悪いと不純物が混入していたりするので、トラブルの原因となって修理や買い替えが必要になるケースも少なくありません。

今回は正しい灯油の取り扱いについて基礎知識をご紹介します。

 

1.酸化した灯油「変質灯油」について

灯油は紫外線や温度によって酸化し、成分が変質します。
このような灯油を「変質灯油」といいます。

変質灯油の見分け方

変質灯油は、色やニオイで見分けることができます。

透明なコップに灯油と水を入れて色を比較し、灯油に少しでも色が付いているものや、すっぱいニオイがするものは変質灯油の可能性が高いです。

変質灯油のイラスト

変質灯油

  • 昨シーズンより持ち越した灯油
  • 温度の高いところで保管した灯油
  • 日光の当たるところで保管した灯油
  • 乳白色のポリタンク(水用)で保管していた灯油
  • 容器のふたが開けてあった灯油
変質灯油のイメージ

変質灯油

正常な灯油

↑目次に戻る

 

2.不純物が混入した灯油「不純灯油」について

水やごみ、異種の油(例:軽油、ガソリン)などが混入した灯油を「不純灯油」といいます。
水やごみが混入する原因としては、保管容器のふたの閉め忘れなどが挙げられます。この場合、雨水やごみが混入してしまいます。

 

また、保管容器や灯油タンク内外の温度差により、容器中の空気の水分が冷やされて水滴になり、水が蓄積される場合があります。この灯油を使用すると、石油ファンヒーターの油フィルターや油受皿に水がたまり、灯油が供給しづらくなります。

水が混入する仕組み

水が混入した灯油

透明の容器に入れた場合は、水が下に溜まります。油フィルターや油受皿には水滴が残ります。

透明の容器に入れた場合

透明の容器に入れた場合

油フィルターの中

油フィルターの中

油受皿の中

油受皿の中

不純灯油

  • 水やごみなどが混入した灯油
  • ガソリン、軽油、シンナー、機械油、天ぷら油などが混入した灯油
  • 灯油以外の油(異種の油)を入れたことのある容器に保管した灯油
  • 水抜剤や助燃剤を添加した灯油
不純灯油のイメージ

不純灯油

正常な灯油

※:ガソリンは使用しないでください

ガソリンなど揮発性の高い油は絶対に使用しないでください。火災の原因になります。

【灯油とガソリンの見分け方】
指先につけて、火の気のないところで息を吹きかけてください。指が濡れているほうが灯油です。
ガソリンは揮発性が高く、息を吹きかけると乾燥します。

灯油 ガソリン

濡れたまま

すぐ乾く

↑目次に戻る

 

3.「変質灯油」や「不純灯油」でなぜ着火不良や途中消火を起こしやすくなるの?

「変質灯油」や「不純灯油」を使うと、さまざまな症状が発生します。

  • ニオイが強くなる
  • 黄色い炎が混じる
  • 火力が上がらない
  • 消火しにくい
  • 着火しにくい
  • 給油サインが点滅する
  • 途中消火する(エラー表示:E02、E03、E13

    ※:エラー表示はダイニチ工業の暖房機器の場合です。他メーカーのエラー表示につきましては各メーカーの取扱説明書でご確認ください。

なぜ、このようなトラブルが起きてしまうのでしょうか?
その原因を詳しく説明します。

正常な灯油は、気化器で熱せられて気体になりますが、変質灯油は気体の他に、タールという燃えにくい成分が発生します。
タールが灯油の通り道などに付着すると、灯油が正常に流れなくなり、着火に失敗したり、途中で消火してしまうことがあります。

 

灯油の通り道なにタールが付着

ダイニチ工業の家庭用石油ファンヒーターの場合の構造図

 

また、「不純灯油」ではごみなどが灯油の通り道に詰まったりすることで、灯油が十分に供給されず、同様の現象が起きてしまいます。
水が混入した場合はカートリッジタンクの下の受皿に溜まると、カートリッジタンクに灯油があっても燃料が供給されません。
これは、受皿のフィルターが全て水で覆われてしまい、油がフィルターを通過できないからです。
正常な油フィルターと水が混入した油フィルター

 

油フィルターに水が混入した場合、灯油が通過できなくなります。

↑目次に戻る

 

4.灯油によるトラブルを防止するには?

1.昨シーズンの灯油は使わない!

昨シーズンの灯油が残っていても使用しないでください。変質していたり、保管状況によっては不純物や水が混入している場合があります。

2.保管場所に気を付ける!

新しく買った灯油でも、保管状況によっては変質したり、不純物が混入したりします。推奨マークの入ったポリタンクを使用することも大切です。

なお、ホームタンクをご使用の場合は年に数回水抜きをしてください。

 

保管場所に気を付ける

火気・雨水・ごみ・高温・日光を避けた場所で保管する(翌シーズに持ち越さない)。

推奨マーク付のポリタンクを使ってください

紫外線を通しにくい色付きの灯油用ポリタンク(推奨マーク付)を使用する。
乳白色のポリタンク(水用)は使用しない。

ホームタンクは年に数回水抜きをして下ください

ホームタンクを使用している場合は年に数回水抜きをしてください。

↑目次に戻る

 

5.もし「変質灯油」や「不純灯油」を使ってしまった場合の対処方法

「変質灯油」や「不純灯油」を使用したときは次の処置を行なってください。

  1. カートリッジタンクや油受皿内の灯油を抜きます。
  2. 新しい灯油でカートリッジタンクや油受皿内、油フィルターを2~3回洗う(油フィルターは乾燥させる)。
  3. 着火・消火を5回程度くり返す。そのとき少しニオイがしますので、換気を十分に行なってください。

    ※:ダイニチ工業の家庭用石油ファンヒーターの場合の処置方法です。他メーカーの処置方法は各メーカーの手順に従ってください。

処置を行なっても直らないときは修理が必要となりますので、お買い上げの販売店へご相談ください。

 

灯油の抜き取り方法

 

水が混入したときの確認と処置の仕方

  1. 油フィルターを取り出して水が混入しているかを確認する。
  2. カートリッジタンクと油受皿内の灯油を抜き、油フィルターはよく乾燥させる。
動画サムネイル

 

【動画で確認】給油サインの点滅が止まらない
~水混入の場合~

 

以上の注意点を守って、この冬を快適にお過ごしください!

この記事をシェアする

マイニチプラス トップへ