ダイニチの歴史

1957年(昭和32年)

創業者・佐々木文雄が、新潟県三条市に東陽技研工業株式会社(ダイニチ工業の前身)を設立。

石油コンロ、石油ストーブなどを製造販売。

比較的裕福な家庭で使われていた加圧式ストーブは、昭和30年代に普及しました。

加圧式コンロは都市部などで大正時代から使われていました。
しかし、昭和30年頃まで、日本の多くの家庭では薪やコークス、木炭などを燃料にかまどで炊事するのが一般的でした。
かまどのように灰を処理する必要がなく、持ち運んで使える便利さもあって昭和30年代に普及しました。
当時としてはハイテク製品で、普及当初は多くの主婦の夢だったとも言われています。

プロパンガスの普及や操作が簡単なストーブの登場により、加圧式コンロや加圧式ストーブの時代は幕を閉じました。
しかし、加圧式燃焼の青く燃える美しい炎に魅せられていた佐々木には、ある熱い思いがありました。

“加圧式燃焼を改良し、より良い燃焼器を開発したい。”

1964年(昭和39年)

創業者・佐々木文雄が、新潟県三条市にダイニチ工業株式会社を設立。

バーナや石油風呂釜、石油コンロなどを製造販売。

前身となる東陽技研工業株式会社の製品ブランド名「ダイニチ」を社名に。

バーナは家庭での炊事や農水産物の乾燥、食品加工と幅広い用途がありました。
ベトナム戦争戦時下では、タイの米軍基地での炊事用に大型機や大量の注文を受けることもありました。

1966年(昭和41年)

落差式バーナ「RD-2」の製造販売を開始。

家庭用の風呂釜で、薪の代わりの熱源として人気を博し創業期を支える製品となりました。

灯油タンクを1.5mほど高く吊り下げて気化器に灯油を送る構造で、火力はタンクの位置で調整。
タンクを高くセットすれば火力は大きく、低くセットすれば小さくなります。
日々の仕事として大変だった湯沸しが手軽になることから、ヒット商品となりました。

1967年(昭和42年)

気化式石油風呂釜「Hi-S」の製造販売を開始。

創業者・佐々木文雄が魅了され、追求し続けた「青い炎で美しく燃える」製品の誕生。
空気の量によってグリーンからブルーに、さらに紫に微妙に変化する透明な炎は、自らが燃える意思を持っているような力強さがありました。
佐々木の感動は当時のカタログ表紙からも感じることができます。

この製品は、ガス同様の利便性と灯油の経済性、そして簡易な操作性を特長としていました。
使用中の風呂釜はそのままに、バーナを取り替えるだけで使うことができるとあって、石油風呂釜だけでなく、薪や石炭、ガス風呂釜を使用していたお客様までをとりこむことができました。

1968年(昭和43年)

加圧式フレームガン「RA-5」の製造販売を開始。

玄関口やガレージの凍結を溶かすもので、アメリカからの注文に応えて製造しました。
「パワーフレーム」という商品名で、アメリカだけでなくカナダにも輸出していました。

殺虫剤噴霧器(ポーターフォグ)の製造販売を開始。

「灯油」の代わりに「殺虫剤」を噴霧させる製品で、消毒、殺虫、害虫駆除用とまったく独創的な機械でした。
後に、昭和60年代、さらに用途を変えた「ポータースモーク」(発煙用機器)は、現在のラインナップに続いています。

1971年(昭和46年)

業務用石油ストーブ「FM-2型」の製造販売を開始。

青い炎から「ブルーヒーター」と命名。

当時のストーブといえば、芯を灯油に浸して燃焼させる芯式が中心でした。
市場では石油機器メーカーに加え、大手家電メーカーが参入し激しい競争を繰り広げるなか、
青く透明な炎で燃え、すすやニオイが出にくく、煙突が不要な「ブルーヒーター」は画期的な製品として大きな注目を集めました。

1980年(昭和55年)

着火スピードが業界最短の家庭用石油ファンヒーター「FA-32」の製造販売を開始。

市場にはすでに石油機器メーカー、大手家電メーカー各社が参入しており競争激化。
当時の他社製品が着火に5~7分かかるなか、「FA-32」だけが40秒で着火し、ニオイが圧倒的に少ないなど先進的な技術が評価されました。
大手メーカーに真っ向から立ち向かうこととなったこの製品は、初年度に73,000台の販売実績を上げ、
家庭用石油ファンヒーターのメーカーとしての基礎を固めることになります。

この当時、放熱窓があり、温風吹出口は上のほうにあるのが一般的なスタイルでした。

1987年(昭和62年)

量販店専用機種「FX-221」の製造販売を開始。

放熱窓がなく、温風吹出口を下に配置し、現在に近いスタイルになりました。
家庭用石油ファンヒーターの流通がそれまで主流だった一般家電小売店から家電量販店へと変化するなか、「青い炎」が見えなくなることを残念がる声もありましたが、コンセプトをがらりと変えたスタイルの製品を用意することが2つのルートを両立させる方法だったのです。

スモークマシンの製造販売を開始。

石油ファンヒーターの「灯油を気化器で霧状にし燃焼する」という気化技術を応用し、スモーク液を入れると煙を発生させる製品です。
主にイベント会場やテーマパーク、消防訓練などで使われています。

1991年(平成3年)

園芸用暖房機「蘭」の製造販売を開始。

蘭などの温度管理が大切な植物の栽培に使用され、石油ファンヒーターの温度制御技術を活かして温室内を一定の温度に保ちます。

1997年(平成9年)

焙煎機能付きコーヒーメーカーの製造販売を開始。

石油ファンヒーターで培った温度制御技術、ニオイを抑える触媒技術などを応用してつくられました。
生豆を自分で焙煎し、新鮮なコーヒーを楽しむことができます。

1999年(平成11年)

佐々木会長・吉井社長体制へ

創業者の佐々木が会長に就任。社長には吉井久夫が就任しました。

2002年(平成14年)

光合成促進機の製造販売を開始。

光合成に必要な炭酸ガスを効率的に供給する製品で、石油ファンヒーターの燃焼技術を応用しています。
ハウス内でのイチゴ栽培などで使われます。

2003年(平成15年)

東京証券取引所第一部銘柄に指定。

1990年(平成2年)に株式を日本証券業協会に店頭登録。
1998年(平成10年)に株式を東京証券取引所市場第二部、
新潟証券取引所(2000年3月1日付で東京証券取引所に吸収合併)に上場。

加湿器の製造販売を開始。

室温を検知し一定の温度に保つ技術や、モーター駆動音や耳障りな周波数の音を抑える技術など、
ファンヒーターでの技術を活かして、快適さと静かさを追求しました。
市場では「静かな加湿器」として好評をいただき、売上の2本目の柱となっています。

2015年(平成27年)

セラミックファンヒーターの製造販売を開始。

石油ファンヒーターの開発で培った安全設計思考を採用し、より安心して使っていただける製品を目指しました。
海外製が大半を占めるなか、当社では100%国内生産をおこなっています。

2016年(平成28年)

コーポレートロゴを一新。

ロゴについて詳しくはこちらをご覧ください。

「ダイニチプラス」について332KB