ウイルス対策に加湿は必須! 医者が教える、部屋の乾燥が及ぼす悪影響と加湿の効果

お部屋の乾燥に加湿器を

冬になると気温とともに湿度も低下し、肌のカサつきや喉の痛みに悩まされるという人も多いのではないでしょうか。冬の乾燥が人体に与える影響は、実は私たちが思っている以上に甚大です。

今回は、メディアでも引っ張りだこの内科医で皮膚科医の日比野佐和子先生にインタビュー。乾燥が健康や美容、さらには肌が薄い赤ちゃんに与える影響と、その対策について、3回にわたって紹介していきます。

 

目次

1.冬に部屋が乾燥する理由とは?

2.冬に最適な室温は18~22℃、湿度は50~60%

3.肌や粘膜のバリアで菌やウイルスの侵入をブロック!

4.新型コロナ対策は換気が重要! 換気と加湿を両立するには?

5.とはいえ、加湿しすぎは逆効果!

6.では、部屋はどうやって加湿する?

7.加湿器を使うならどう選ぶべきか?

8.加湿器は実は一年中活躍する家電だった!

9.ダイニチ工業のおすすめ加湿器

 

【プロフィール】

内科医・皮膚科医/日比野佐和子先生

内科医・皮膚科医/日比野佐和子先生

内科医、皮膚科医、眼科医、日本抗加齢医学会専門医。医療法人康梓会Y’sサイエンスクリニック広尾統括院長。大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学特任准教授。同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、森ノ宮医療大学保健医療学部准教授、(財)ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長などを歴任。現在はアンチエイジング医療における第一人者的な立場として、基礎研究から最新の再生医療の臨床に至るまで幅広く国際的に活躍するとともに、テレビや雑誌等メディアでも注目を集める。プラセンタ療法を含む再生医療においてのパイオニアでもある。

 

まずは、そもそもなぜ冬になると空気が乾燥するのか、その仕組みを確認しましょう。

1. 冬に部屋が乾燥する理由とは?

飽和水蒸気量のしくみ

冬になると湿度が下がる原因は、「空気が含むことができる水蒸気の量(飽和水蒸気量)が、温度によって変動する」という空気の性質にあります。空気は、温度が高いと多くの水蒸気を含むことができますが、温度が低くなるとその水蒸気量も少なくなるのです。

このような状態で室内で暖房器具を使うと、室内の水蒸気量は変わらないのに、温度が上がって空気が含むことのできる水蒸気量が増え、相対的に湿度が下がります。そのため、室内は乾燥した状態になってしまうのです。

 

↑目次に戻る

2. 冬に最適な室温は18~22℃、湿度は50~60%

そうなると室内の湿度の管理が非常に重要になってきますが、日比野先生によると「快適に過ごせる温度と湿度は、夏と冬では異なる」といいます。「たとえば気温が高い夏に湿度も高いと、ジメジメと不快に感じますよね。逆に気温が低い冬でも、湿度を上げてあげると実際の気温以上に体感温度は上がります」(日比野先生)。

ちなみに日比野先生がすすめる温湿度は、夏は気温が25~28℃で湿度が45~60%、冬は気温が18~22℃で湿度が55~60%。特に湿度に関しては、乾燥するとウイルスが活性化する観点からも、「年間で50~60%は常にキープしておくといいですね」。

↑体感温度をサーモグラフィーで計測した試験結果。同じ室温25℃でも、湿度30%(左)と60%(右)では、ここまで体感温度が違います
*【試験条件】HD-244を使用。ダイニチ工業恒温恒湿室約3.5畳。室内温度25℃、湿度30%と60%の比較。同社ホームページより

 

↑目次に戻る

3. 肌や粘膜のバリアで菌やウイルスの侵入をブロック!

乾燥すると喉が痛くなったり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなったりします

乾燥すると喉が痛くなったり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなったりするなど、体調面で様々なトラブルが起こりやすくなりますが、実際に何が起こっているのでしょうか?

「乾燥すると肌や粘膜を覆っているバリア機能が弱くなるので、外部からの菌やウイルスの攻撃に弱くなります。たとえば鼻の粘膜の湿度が保たれていれば防げたはずのウイルスやアレルゲンの侵入を許してしまうことに。さらにドライアイやドライマウスを引き起こすこともありますね」(日比野先生)

一方で、冬はウイルスの活動にとっても好条件。「ウイルスは、低温かつ低湿度の環境下で活性化することがわかっています。冬に風邪やインフルエンザが流行するのは、そのためです」(日比野先生)。つまり冬に病気を予防するためには、寒さ対策と同時に、加湿による湿度管理が重要になってくるというわけです。

※:Hemmes,J.H. et.al. Nature. 1960;188:430-1.

 

↑目次に戻る

4. 新型コロナ対策は換気が重要! 換気と加湿を両立するには?

ところで最近は、新型コロナウイルス対策として、定期的な換気が推奨されています。目安としては「30分に1回以上、2方向の窓を数分間程度開ける」のがよいとされていますが、窓を開けるとせっかく加湿しているのに湿度が下がってしまいそうですよね。そこで日比野先生に、換気と加湿を両立するコツを聞きました。

「湿度が設定できる加湿器を使うといいですね。換気で多少湿度が下がっても、すぐに設定湿度まであげてくれるので、さほど心配はいりません」。特にパワフルなタイプであれば、短時間で湿度が回復するので、加湿能力も確認するといいでしょう。

 

↑目次に戻る

5. とはいえ、加湿しすぎは逆効果!

ここまで加湿の重要性を聞いてきましたが、「実は加湿しすぎもよくないんです」と日比野先生。湿度は65%までは健康面でメリットが多いものの、それを超えると今度はカビが発生し始めると言います。「カビが発生すると家具やカーテンが黒ずむだけでなく、カビ胞子を吸い込むことで、肺に深刻な病気を引き起こすこともあります」。

通常、冬に湿度が65%を超えることはあまりありませんが、加湿器を使い続けて過加湿状態になったり、水蒸気が空気の流れが悪いところに滞ったりする可能性も。加湿器を使う場合は、室内に湿度計を設置したり、設定湿度に達すると自動で加湿を一時停止する加湿器を使用したりして、過加湿にも注意したほうがよさそうです。

 

↑目次に戻る

6. では、部屋はどうやって加湿する?

では室内を加湿するにはどのような方法があるでしょうか? 簡単にできるものから、効果的に湿度が上げられるものまで、代表的な方法を6つ紹介します。

1. 部屋で湯を沸かす

部屋で湯を沸かす

やかんや鍋でお湯を沸かすことで発生する蒸気を部屋に放出する方法。短時間で湿度が上げられます。ただし蒸気量が多いため周囲が濡れたり、熱いお湯で火傷したり、さらには水分がなくなるまで放置して空焚きしてしまわないよう、注意しましょう。

2. 霧吹きでミストを空中散布する

霧吹きでミストを空中散布する

霧吹きなどを使って空間にミストを噴霧する方法。一時的ですが、顔回りなどの空間を潤す効果が期待できます。精製水にアロマオイルなどを垂らし、香りを楽しめば一石二鳥。水は使用する都度入れ替え、清潔な水を散布するようにしましょう。

3. 部屋干しをする

部屋干しをする

洗濯物を部屋干しすると、乾く工程で水分が蒸発するので加湿効果が得られます。部屋干し臭や雑菌が空間に浮遊するのを防ぐために、洗濯時に部屋干し用洗剤を使うと安心。

4. バスルームを開放する

バスルームを開放する

入浴後、バスルームの扉を開放しておけば、こもった蒸気が室内にも広がり加湿に。乾燥が気になる時は、バスタブのフタも開けておくと効果がさらにアップします。ただし、過加湿にならないよう、また小さな子どもがいる場合は事故につながらないよう注意しましょう。

5. 簡易加湿器を使う

簡易加湿器を使う

ボトルやトレイに入れた水をフェルトなどの素材にジワジワと浸み込ませ、それが蒸発することで加湿効果が得られる加湿器。デスクなどに置いて顔回りを加湿したいときにおすすめ。最近は100円ショップでも入手できます。

6. 加湿器を使う

加湿器を使う

家電製品の加湿器。様々な方法で蒸気を作り出し、噴出します。他の方法に比べて加湿効果が高く、短時間で室内の湿度が上げられるのが特徴。機種によっては適切な湿度を管理することができます。

 

↑目次に戻る

7. 加湿器を使うならどう選ぶべきか?

ひと口に加湿器といっても、種類はさまざま。最近は加湿専用機のほか、加湿機能がついたエアコンや空気清浄機、さらには除湿機能までついた除加湿空気清浄機も登場しています。

これらの製品は、1台で使いたい機能を網羅してくれているため、部屋が狭かったり、何台も置く場所が確保しづらい日本の住宅事情にマッチしている半面、多機能がゆえに操作が難しかったり、本体が大きくなったり、お手入れの工程が複雑になったり。また、パワーが足りずに十分な加湿量を得られない場合もあります。一方で加湿専用機は、加湿に特化しているためパワフルで、お手入れも簡単に済ませられるタイプが多くなっています。

さらに加湿器には大きく分けて、「超音波式」「スチーム式」「気化式」「ハイブリッド式」と4つの加湿方式があります。

1. 超音波式

超音波式の説明

水に超音波振動を与え、発生したミストを送り出す。電気代は抑えられるが、水中の雑菌や水道水のカルキが室内に放出、付着する可能性も。

2. スチーム式

スチーム式の説明

ヒーターで水を加熱し、蒸気を送り出す。やかんで湯を沸かすのと同じ方式で、加湿能力は高いが電気代が高く、熱い湯の扱いに注意が必要。

3. 気化式

気化式の説明

フィルターに水を浸透させ、ファンで風を当てて蒸発させることで加湿する。雑菌が少なく電気代も抑えられるが、加湿は緩やか。

4. ハイブリッド式

ハイブリッド式の説明

複数の方式を組み合わせたもの。一例として「気化式×温風気化式」は、上記気化式をベースに、湿度が低いときは温風を当てて気化を早め、パワフルに加湿する。

それぞれの特徴を踏まえたうえで、使用シーンやライフスタイルに合ったものを選びましょう。

 

↑目次に戻る

8. 加湿器は、実は一年中活躍する家電だった!

さて加湿器というと、秋冬だけに活躍する季節家電だと思っている人も多いのではないでしょうか。ところが、日比野先生によると「加湿は一年中必要」なのだとか。

「美容と健康の視点からも加湿はとても重要で、美肌のためにも私は年間を通して50~60%は維持したほうがいいと考えています」。特に夏場は湿度が高いため、加湿の必要はないと思われがちですが、「エアコン冷房を使うと、思っている以上に空気が乾燥している場合もある」と日比野先生。エアコンの風に直接当たらないことは大前提に、夏でも湿度をチェックし、必要に応じて加湿器を使ったほうがいいそうで、加湿器はもはや一年中活躍する家電といっても過言ではないようです。

 

↑目次に戻る

9. ダイニチ工業のおすすめ加湿器

上記を踏まえたうえでダイニチ工業がおすすめしたいのが、ハイブリッド式加湿器です。ダイニチ工業は、石油ファンヒーターで知られていますが、実は加湿器でも国内販売で大きなシェアをもち、実績のあるブランドです。

ダイニチ工業は国内生産にこだわり、製品の設計から組立、検査に至るまで、すべて新潟の工場で実施。加湿パワーはもちろん、静音性やお手入れのしやすさにも配慮するなど日本のユーザーに寄り添ったものづくりが評価され、2021年6月には、加湿器の累計生産台数が330万台を突破しています。

ダイニチ工業LXシリーズ


ダイニチ工業
LXシリーズ HD-LX1021/HD-LX1221
オープン価格

カンタン取替えトレイカバー
↑ダイニチのLXシリーズには、トレイに使い捨ての「カンタン取替えトレイカバー」を搭載。加湿器を使ううえでネックとされるお手入れの手間が省けるようになりました

 

↑スマートリモコン対応でインターネット接続環境を利用して、スマホやタブレットなどから操作が簡単に。 加湿器本体から離れた場所や外出先からでも簡単に運転操作ができます(スマートリモコンはお客様ご自身でご用意ください)

 

【Spec】
●加湿方式:ハイブリッド式(気化式×温風気化式)
●加湿量:960mL/h(型番HD-LX1021)、1200mL/h(HD-LX1221)
●搭載モード:ターボ、おやすみ快適、標準、静音、eco、のど・肌加湿
●入/切タイマー:2・4・6・8時間
●その他搭載機能:チャイルドロック、タンクWとって、広口タンク、Ag+抗菌アタッチメントEX、抗菌フラットトレイ、抗菌気化フィルター、抗菌エアフィルター、カンタン取替えトレイカバー
●運転音:13~34dB(ターボモード除く)

 

LXシリーズ スペシャルサイト

スマートリモコン対応でさらに使いやすく。リビングの主役になるデザインモデル。LXシリーズのスペシャルサイトのご紹介。
LXシリーズスペシャルサイト

 

制作協力/GetNavi web

この記事をシェアする

マイニチプラス トップへ