dainichi

飾らずに、うるおす。

RXT SERIES

HD-RXT521 / HD-RXT721 / HD-RXT921

JAPAN QUALITY

SCROLL

CONCEPT飾らずに、うるおす。

寝室や書斎、リビング…
さまざまな場所で利用する加湿器。
日々を共に過ごすからこそ
存在感を主張せず、静かにうるおす。

清潔な加湿を保つために欠かせない
お手入れもすばやく手間なく。

使う人の日常に寄り添う、
加湿器RXTシリーズの誕生です。

INTERIOR

 

日常を邪魔しない、静かな運転音

家族みんなのおだやかな眠りを大切にしたい、
テレワークを快適に過ごしたい、
日常を邪魔しないよう静音性には徹底的にこだわりました。

最小音の13dBは静まりかえった夜とほぼ同程度。

業界トップの静かさでお部屋を静かに加湿します。

 

※:同クラス気化式・ハイブリッド式(温風気化/気化)における連続運転可能であり、かつ最大加湿能力を発揮するモード(当社ではハイブリッド式加湿器[標準]モードを指す)運転時の最小運転音[対象:LX・RXT・RX・HDシリーズは13dBHDシリーズパワフルモデル(HD-244・HD-2400Fを除く)は15dB]。2021年7月1日現在。自社調べ。

さまざまなシーンに溶け込む

フロントパネルはマットな質感とさりげないラインですっきりと。

また、本体は洋室、和室、リビング…さまざまなシーンに馴染むよう、シンプルなスクエアデザインに仕上げました

空間全体をうるおす

加湿の方法は、気化式×温風気化式を湿度に応じて自動で切り換える「ハイブリッド式」を採用。

ファンの風で水をお部屋全体に送り、すばやくパワフルに加湿します。

空間への浸透率が高く、床が濡れる心配もありません。

いままでも

これからも

より「使いやすい」

を求めて

2008年からシンプルなデザインと優れた機能性で愛され続けた

ロングセラーシリーズがより使いやすくなってモデルチェンジ。

いつまでも変化しない本質的なものに新しい変化を取り入れていく─

「不易流行」をカタチにしたRXTシリーズの誕生です。

RXT SERIES

キレイにうるおす

水と空気の通り道に4つの抗菌加工を施しました。また、パーツもシンプルでお手入れがしやすい構造です。

  • 4つの抗菌加工

    空気取込口・トレイ・気化フィルターに抗菌加工を施し、タンクキャップにも「Ag+抗菌アタッチメントEX」を搭載。
  • カンタンお掃除タンク

    タンクは給水口が広いので、お手入れがラクに行なえます。

ラクを追求。「使い捨て」トレイカバー

トレイに使い捨てカバーをつけることで、面倒だったお手入れ自体をなくしました。

 

カンタン取替えトレイカバーキレイを保てる4つのポイント

  • 「使い捨て」のトレイカバーは業界初

    アメリカで世界初の加湿器が誕生してまもなく100年。その間ずっと悩まされてきたお手入れの手間を、汚れた部分は「ポイ捨て」という発想で一掃。

    2019年に発売したLXシリーズが業界初として「使い捨て」のトレイカバーを取り入れました。

  • ワンシーズン、ワンコイン

    取替えトレイカバーは6ヶ月洗わずに使用可能。1シーズンワンコインで面倒から開放されることは多くのお客様から評価をいただいています。※:1枚あたりの税抜き価格の場合。カンタン取替えトレイカバー(3枚入り)の希望小売価格は1,650円(本体価格 1,500円)です。

  • トレイ本体をフラット&抗菌加工

    従来の本体トレイにあった突起部をなくし、できる限りフラットに。抗菌加工を施しトレイ内の雑菌の繁殖を抑えます。引出式なので気になる時はトレイ内部も手軽に掃除できます。

  • ふだんのお手入れは仕切板を水洗いするだけ

    取替えトレイカバーを被せるために、従来はトレイと一体化していた仕切板も取り外し可能に。従来はお掃除の難しかった部分も洗面台などで簡単に洗えます。

STORY of RXT SERIES

「ミディアムクラスの加湿器にも使い捨てのカバーを」
多くの要望に応えて新たな挑戦がはじまりました。
ロングセラー製品も、より「使いやすい」を求めて変化を続けています。

開発の背景にあった
「新潟」のモノづくり力

「外観ありきで始まった開発。自由度が限られる中での開発はフルモデルチェンジ以上に大変な点も多かったです。
でも何とかするのが設計者の腕の見せどころだと思いチャレンジしました。」と話すRXTシリーズ製品開発責任者、入倉 義也。

  • 多くのユーザーの要望にこたえて

    2019年に発売した大型クラスのLXシリーズは、取替えトレイカバー搭載で「お手入れがラクになった」と多くの声が集まりました。
    一方で、「ミディアムクラスにも取替えトレイカバーをつけてほしい」という声も─。
    2008年に発売したRXシリーズはスクエアデザインが人気のロングセラー商品です。
    人気のフォルムは継承しつつ、取替えトレイカバーを搭載する方向で開発は始まりました。

  • もはやマイナーチェンジではない

    トレイカバーを搭載するにはトレイ全体の見直しが必要でした。
    LXシリーズと同様に仕切板、水位を検知するフロートスイッチは共に取り外しできるようにします。
    ダイニチ工業の加湿器の静音性と確かな加湿能力は緻密な計算で設計されたもの。
    そこにほんのわずかな違いがあっても風路に影響するため、内部全体も見直す必要があり、これはもはやマイナーチェンジの範囲ではありませんでした。

  • わずか3㎝角の壁

    開発で一番苦労したのは水面に浮かべて水位を検知するフロートスイッチ。
    スイッチが水面に浮くように発泡スチロールを使用しています。
    コンパクトなRXシリーズに取り外しの仕切板を搭載するには、レイアウト上フロートスイッチの小型化が必須でした。フロートスイッチ、そして発泡スチロールは従来品を使えず、形状・素材からの検討をしなければいけませんでした。

  • 頼りになるのはやはり新潟のものづくり力

    小型化しても十分な浮力を得るために、手作業で素材や形の検討を行い、形状の最適化を行いました。
    しかし、形状があまりにも小さすぎるため、従来の設備では発泡スチロールの原料を金型内に充填できず成形できないことが判明。
    小さくても原料が充填可能な設備を持っている企業を探しては相談をくり返し、ようやく地元新潟で実現可能な企業と出会い、量産化へと前進することができました。

飾らずに、うるおす。RXT SERIES

  • グッドデザインアワード2019年受賞
  • 信頼に応える品質の証日本製
  • 安心をお届けする3年保証日本製
製品詳細へ
  • 静音
    静音
  • チャイルドロック
    チャイルドロック
  • 省エネ
    省エネ
  • ハイブリッド運転
    ハイブリッド運転
  • ターボ機能
    ターボ機能
  • 給水サイン
    給水サイン
  • 湿度調整
    湿度調整
  • デジタル表示
    デジタル表示
  • 持ち運びハンドル
    持ち運び
    ハンドル
  • 4つのモード
    4つのモード
  • タイマー機能
    切タイマー
製品詳細へ

HD-RXT521プレハブ洋室14畳まで/木造和室8.5畳まで

加湿量(標準運転モード時):
500mL/h
タンク容量 :
5.0L
本体外形寸法 :
高さ375×幅375×奥行175(mm)
  • ショコラブラウン(T)

  • サンドホワイト(W)

  • ホワイト×ブラック(WK)

  • ショコラブラウン(T)

  • サンドホワイト(W)

  • ホワイト×ブラック(WK)

HD-RXT721プレハブ洋室19畳まで/木造和室12畳まで

加湿量(標準運転モード時):
700mL/h
タンク容量 :
6.3L
本体外形寸法 :
高さ375×幅375×奥行210(mm)
  • ショコラブラウン(T)

  • サンドホワイト(W)

  • ショコラブラウン(T)

  • サンドホワイト(W)

HD-RXT921プレハブ洋室24畳まで/木造和室14.5畳まで

加湿量(標準運転モード時):
860mL/h
タンク容量 :
6.3L
本体外形寸法 :
高さ375×幅375×奥行210(mm)
  • ショコラブラウン(T)

  • サンドホワイト(W)

  • ショコラブラウン(T)

  • サンドホワイト(W)

RXTシリーズ取扱店舗

 

*ご注意

店舗ごとに製品の取扱状況が異なり、在庫がない場合がございます。予め在庫状況をお近くの店舗にご確認くださいますようお願いいたします。