加湿器の選び方

暖房で室内が乾燥する冬、晴れて乾燥した気候が続く春と秋。
そうした日々に快適さを提供するため、また、春の花粉症、冬のインフルエンザ流行期には健康維持のため普及してきた「加湿器」。

実は、加湿方法やコスト、お手入れなどで個性は様々です。その違いをしっかり知って、理想の1台を選んでください。

加湿器の基礎知識

賢い加湿のポイント

湿度が下がると、のどや鼻の粘膜も乾燥し、異物(ウイルス)を排除するはたらきが弱まってしまいます。

風邪の原因の多くはウイルス感染といわれ、そのウイルスは地面に落下すると活動が抑制されます。

しかし、乾燥によってウイルス自体の水分が蒸発して軽くなり、空気中に長時間浮遊することになりますので、加湿器でしっかり加湿することはのどや粘膜の乾燥を防止するとともにウイルスの活動も抑制できるということで、一般的に風邪の予防にも効果的と言われています。

厚生労働省のサイトでは、インフルエンザの予防法として「適度な湿度の保持」を挙げて湿度を50%~60%に保つことを紹介していますので、湿度を一定に保てる湿度コントロールのできる加湿器がおすすめです。

加湿方式による違い

加湿方法は大きく分けて5タイプです。
ダイニチは、ヒーターのオンオフを自動で行う「ハイブリッド式」を採用。
温風と風を使い分けてることで、メリットを増やしています。

※メーカーにより異なる場合があります。

加湿器のよくある質問

ちょうどいい湿度は?

湿度の感じ方は人によって違いがありますが、一般的には50%~70%がひとつの目安です。

たとえば、就寝時や室内の結露が気になるときは50%、乾燥が気になるときは 60%~70%、また、お肌の乾燥予防には50~60%がよいと言われています。インフルエンザなどのウイルスは、乾燥だけでなく低温の環境で活発化するので、お部屋の温度を20~25度に保つこともおすすめします。
目的や感じ方に合わせて、お好みの湿度に設定しましょう。

上手に加湿するには?

暑さや寒さが影響しにくい場所に加湿器を置くのが効果的です。

暖房機を併用時は、暖房の風が直接あたらない場所で、床ではなく、棚やテーブルなどの上に置くようにしましょう。というのは、床暖房以外の暖房機を使用しているときは、床付近が比較的低温になり、加湿器が湿度を高めに判定し、自動的に加湿量を落としてしまうことがあるから。

また、冷気の影響を受けやすい窓際からも少し離して設置するようにしてください。

気になる消費電力は?

ダイニチが採用している「ハイブリッド式加湿器(温風気化/気化式)」は、水を含んだフィルターに風をあてて加湿する「気化式」と温風をあてて加湿する「温風気化式」の2種類を組み合わせた方式です。
お部屋の湿度が低いときはヒーターを使ってパワフルに加湿し、設定湿度に近づくとヒーターを切り加湿量を調整しながら加湿。
湿度に応じて「気化式」と「温風気化式」を自動で切り換えるので、電気代のムダを抑えられるのです。

お手入れのしかたは?

毎日タンクの水を捨て、新しい水道水に入れ換えてください。
週に1度、吸気グリルのほこりを取りましょう。お手入れサインが点滅したら、または2週間に1度、抗菌気化フィルターとトレイを水洗いし、1カ月に1度の目安で、抗菌気化フィルターを、クエン酸か指定の洗剤を溶かしたぬるま湯で漬け置き洗い。
こうしたお手入れで、雑菌やカビの繁殖を防ぐことができ、安心して快適にお使いいただけます。

ダイニチの加湿器

加湿器は、乾燥やウイルス対策として欠かせないアイテム。
ダイニチが採用している「ハイブリッド式(温風気化/気化式)」は、急速加湿とコストパフォーマンスの両面をかなえ、着実に販売台数を伸ばしています。

ダイニチは販売台数・金額シェアともに5年連続ナンバーワン(※) 、乾燥のお悩みをしっかりと解決しています。

※2013~2018年度(年度=4月1日~3月31日)加湿器メーカー別数量・金額シェア ダイニチ(全国有力家電量販店の販売実績集計/GfK Japan調べ)。

加湿器ラインナップ

この記事をシェアする

マイニチプラス トップへ