石油暖房機器臭いが強い

  • 変質灯油・不純灯油を使用しました。
  • 灯油がこぼれたり、漏れています。

対処方法

  • 消火時の臭いが強いとき
    • 安全装置作動により自動消火した
      安全装置が作動したことによる自動消火の場合、消臭機能が動作しないため通常にくらべ臭いが強くなります。
    • 消火時に「ボスン」という鈍い音がする
      消火時、気化した灯油の噴出口をきっちりふさぐためにノズルが閉じるとき「カタン」「ガチャン」という音がしますが、「ボスン」という鈍い音がする場合にはノズルにタールが付着しています。修理が必要です。
      修理の依頼

対処しても症状が改善しない場合は修理が必要です。

修理について(依頼先・代金など)

前のページに戻る 石油暖房機器の気になる症状一覧へ戻る