石油暖房機器給油サイン(赤)、または予告サイン(緑)の点滅が止まらない

  • 灯油がなくなりました。
  • 本体が傾いています。
  • カートリッジタンクが変形しています。
  • カートリッジタンクが間違っています。
  • 油フィルターが間違っています。
  • 油フィルター・油受皿内に水やごみがたまっています。

本体内の油受皿(タンクを抜いて、のぞき込むと見えるお皿)内にはフロートスイッチという浮き子のような部品があります。油受皿内に灯油がたくさん入っているときは浮き子が上に上がっていますが、油面が下がってくると浮き子も下がり、スイッチの働きで給油をお知らせする原理となっています。

サポート動画

対処方法

  • 灯油があるか確認します
    ない場合には給油してください。
  • 設置場所を確認します
    水平な場所に設置してください。
  • カートリッジタンクが変形していないか確認します
    油フィルターに灯油がたまっていないときは、カートリッジタンクを新しいものと交換する。
  • カートリッジタンクが間違っていないか確認します
    本体専用のカートリッジタンクを使用してください。
  • 油フィルターが間違っていないか確認します
    本体専用の油フィルターを使用してください。
  • 油フィルターに灯油があるか確認します
    カートリッジタンクを取り出し、油フィルターの底に割り箸などを立てて1センチ以上灯油に浸かるか確認してください。

タンクの入れ間違いにご注意ください

キャップが異なるカートリッジタンクどうし入れ違えると、油フィルターに灯油が落ちなくなります。ダイニチの石油ファンヒーターを複数お使いいただいている場合には、入れ間違いのないようにご注意ください。

対処しても症状が改善しない場合は修理が必要です。

修理について(依頼先・代金など)

前のページに戻る 石油暖房機器の気になる症状一覧へ戻る