お客様サポート

加湿器のお手入れのしかた

機種によって部品の名称や色などが異なる場合があります。詳しくはお使いの機種の取扱説明書をよくお読みの上、正しいお手入れをお願いします。
次の機種をお使いの場合は、それぞれのページをご覧ください。

お守りください

  • 点検・手入れを行うときは、必ず運転を停止させ、電源プラグをコンセントから抜いて行なってください。また、分解はしないでください。感電・発火・故障の原因になります。
  • お手入れせずに使用を続けると、雑菌やカビが繁殖し悪臭が発生したり、加湿量の低下や送風音が大きくなる原因になります。定期的にお手入れを行なってください。

ご使用のたびに

本体のごみやほこりをふき取る

  • 柔らかい布でからぶきするか、水でうすめた中性洗剤をしみ込ませた布でふいてください。
  • 変質や変色防止のため、ベンジン、シンナー、アルコール、アルカリ洗剤、漂白剤などは使用しないでください。また、化学ぞうきんを使用するときは、その注意書に従ってください。

タンク内をきれいにする

  • タンク内の水は、毎日新しい水道水と入れ替えてください。タンク内の水を捨て、きれいな水を少し入れ、振り洗いしてください。

ページトップへもどる

週に1回程度

吸気グリルのお手入れをする

掃除機などで吸気グリルのほこりを取る。

(画像は機種により異なります。)吸気グリルのほこりを取る

吸気グリルの汚れがひどいときは、吸気グリルを取り外し、フィルター類のお手入れを行なってください。この手順は機種により異なりますので、お使いの機種の取扱説明書に従って正しいお手入れを行なってください。

お守りください

  • 吸気グリルの汚れがひどくなると雑菌が繁殖し悪臭が発生したり、加湿量の低下や送風音が大きくなる原因になりますので、こまめにお手入れしてください。

ページトップへもどる

お手入れサインが点滅したとき(注)

(注)「お手入れサイン」機能を搭載していない機種の場合は、2週間に1回程度。

抗菌気化フィルター・トレイのお手入れをする

抗菌気化フィルターやトレイに水アカが付着します。水アカは水道水に含まれるミネラル分が気化せずに残ったものです。お手入れせずに使用を続けると固まって取れにくくなり、雑菌やカビが繁殖し悪臭が発生したり、加湿量の低下や送風音が大きくなる原因になりますので必ずお手入れしてください。

1.タンクを取り出し、トレイを引き出す

(画像は機種により異なります。)トレイを引き出す

2.トレイから抗菌気化フィルターを取り出し、お手入れする

(画像は機種により異なります。)抗菌気化フィルターを取り出す

お手入れのたびに

お手入れの2回に1回(1カ月に1回以上は)

  • クエン酸で洗浄する。

洗浄のしかたは、「抗菌気化フィルターの洗浄のしかた」に従ってください。
抗菌気化フィルターに強い力を加えないでください。抗菌気化フィルターが破損するおそれがあります。

3.トレイの水を捨て、トレイをスポンジなどで水洗いする

フロートは外さないでください。

(画像は機種により異なります。)トレイを洗う

4.抗菌気化フィルターをトレイにセットする

抗菌気化フィルターは片側が開きますので、トレイの凸部にそって、はみ出さないよう注意して入れてください。

(画像は機種により異なります。)抗菌気化フィルターをトレイにセット

5.トレイとタンクを本体にセットする

トレイを奥まで確実に入れ、タンクをセットしてください。

(画像は機種により異なります。)トレイとタンクをセット

お手入れサインを解除する「お手入れサイン」機能搭載機種の場合。

お手入れリセットボタンを約3秒間押し、リセットしてください。

(画像は機種により異なります。)
抗菌気化フィルターの洗浄のしかた

1.ぬるま湯にクエン酸、または指定の洗剤を溶かし、抗菌気化フィルターを浸ける

クエン酸と指定の洗剤をいっしょに入れないでください。また、40℃以上のお湯は使用しないでください。部品破損の原因になります。

用途 洗浄剤 使用量 浸け置き時間
定期的に
水アカを取るとき
クエン酸 4.0リットルあたり約25グラム(大さじ2杯半)(注1) 約30分~2時間(注2)
吹き出す風が
臭ったとき
当社指定の洗剤(粉末)(注3)「花王:ワイドマジックリン」 4.0リットルあたり約36グラム(大さじ4杯) 約60分

(注1) 濃度が高いと部品破損の原因になります。
(注2) 水アカが取れにくいときは、浸け置き時間を長く(最長2時間)してください。
(注3)「ワイドマジックリン」は、花王株式会社の登録商標です。

次のようにフィルターの大きさに合う容器に浸け置きしていただくと、クエン酸や指定の洗剤が最小限の量で済みます。100円ショップなどで売られているファイルケースがおすすめです。(画像のフィルターは機種により異なります。)


ぬるま湯にクエン酸または指定の洗剤を溶かします。

抗菌気化フィルターを浸けます。

浸け置きします。

2.水道水でしっかりすすぎ洗いする(目安:2分以上)

  • クエン酸や洗剤の成分が残ると、臭いの発生や故障の原因になります。
  • 抗菌気化フィルターを外したまま機器を使用しないでください。
  • 抗菌気化フィルターはクエン酸洗浄しないで使用を続けると寿命が1シーズンと短くなります。(1シーズン6カ月、1日8時間運転、水道水の硬度50mg/L(全国平均値)の場合)
  • クエン酸は食品添加物で食品衛生上無害ですが、幼児の手の届かないところで保管してください。

WebShopクエン酸は薬局、薬店、ホームセンターなどでお買い求めいただくか、ダイニチWebShopでもご注文いただけます。


Page
Top