お客様サポート

石油ファンヒーターの日常点検・手入れのしかた

お守りください

  • 点検・手入れを行うときは、必ず運転を停止させ、本体が冷えてから電源プラグをコンセントから抜いて行なってください。また、分解はしないでください。火災ややけどのおそれがあります。

ご使用のたびに

本体の周辺に可燃物はないか

禁止

油漏れ・油のたまり・油のにじみはないか

異常があるときは使用を中止し、お買い上げの販売店にご相談ください。
禁止

本体のほこりや汚れをふき取る

柔らかい布でからぶきするか、水でうすめた中性洗剤をしみ込ませた布でふいてください。
ベンジン・シンナーなどは使用しないでください。

ページトップへもどる

週に1回以上は

ファンフィルターのほこりを取る

汚れがひどいときは、洗剤などを使って浸け置きし、水で洗い流してください。

ファンフィルターのほこりを取る
●ファンフィルターの外しかた ●ファンフィルターの取り付けかた
ファンフィルターの外しかた ファンフィルターの取り付けかた
上のツマミを押しながら、手前に持ち上げる。 下のツメをはめてから上部を押す。

お守りください

  • ファンカバーからファンフィルターを取り外してお手入れするときは、ファンフィルターに強い力をかけないでください。
    ファンフィルターが破損することがあります。

※ファンフィルターが付いていない機種の場合

掃除機などで吸い取る

ページトップへもどる

1ヵ月に1回以上は

安全装置の点検をする

対震自動消火装置 燃焼中に本体をゆすり、消火するか確認してください。消火しないときは修理が必要ですので、お買い上げの販売店にご相談ください。
気密油タンクの
給油時消火装置
カートリッジタンクを取り出し、本体内部のレバーを下に押し、指を離したときにもとに戻るか確認してください。正常に動かないときは修理が必要ですのでお買い上げの販売店にご相談ください。気密油タンクの給油時消火装置

油受皿内の点検をする

カートリッジタンクに直接水を混入しなくても、設置場所の温度変化などで結露によりホームタンクやカートリッジタンク内に水がたまり、油フィルター・油受皿内に流入することがあります。水が混入していたときは、油フィルターを取り除き、市販の給油ポンプなどで、油受皿内の水を抜いてください。
また、ホームタンクを使用しているときは、年に数回、水抜きを行なってください。

油受皿内の水を取り除く
油受皿内に水が
混入すると
給油サインの点滅が止まらない
着火ミス、または異常停止する(E02、E03)

油フィルターの点検・掃除をする

以下の手順に従い、点検・清掃を行なってください。

油フィルターに
水やごみが
たまっていると
給油サインの点滅が止まらない

1.油フィルターを取り出して確認する

(取り出すときは、灯油などで床や衣服を汚さないように注意してください)
油フィルターに灯油を入れ、持ち上げる。

灯油が連続的に落ちる 灯油の落ちが悪い
灯油が連続的に落ちる。
(油フィルターには少量の灯油が残ります)
灯油の落ちが悪い。または全く落ちない。
(油フィルターに灯油が多く残っている)
→正常です。 →2.に従い、掃除してください。

2.油フィルターは、きれいな灯油ですすぎ洗いし、よく乾燥させる

油フィルターは、きれいな灯油ですすぎ洗いし、ごみなどを取り除き、布などで灯油をふき取ったあと、日陰に置いてよく乾燥させてください。
油フィルターに水分が残っていると、灯油が落ちず、給油サインが点滅します。

きれいな灯油ですすぎ洗い


Page
Top