メッセージ

私たちダイニチの技術は、独創的な発想から始まっています。

当社は業界に先駆けて液体である石油を気化して燃やすという気化式石油燃焼技術に取り組み、約50年にわたり追い続けて参りました。

1971年には業界で初めて業務用気化式石油ストーブ”ブルーヒーター”を発売し、灯油をムダなく燃やすという象徴である”青い炎”は、ダイニチの名を日本中に広げ、多くのファンを獲得することができました。

1980年には家庭用石油ファンヒーターにも進出、現在は国内の業務用、家庭用石油ファンヒーターにおいて”ブルーヒーター”はトップシェアをいただいています。

また近年では石油ファンヒーターで培った温度制御技術や燃焼技術を水平展開し、生豆から焙煎するコーヒーメーカー、加湿器など、新たな製品も生み出しています。

これからも「わが社の方針」にもあるように石油ファンヒーターを柱に独創的な技術や製品開発を続けながら、さらに新たな分野での価値あるモノ作りを行って参ります。

そしてダイニチでなくてはならない、ダイニチ独自の製品を生みだし、お客様に安心して末長く使っていただける製品づくりをめざして参ります。

代表取締役社長 吉井久夫ダイニチ工業株式会社 代表取締役社長 吉井 久夫