よくあるご質問(FAQ)

加湿のめやすはどのように決められていますか?

加湿(適用床面積)のめやすは一般社団法人 日本電機工業会規格(JEM1426)に基づき、プレハブ住宅洋室の場合を最大適用加湿面積に、木造住宅和室の場合を最小適用加湿面積として表示したものです。ただし、壁・床の材質・部屋の構造・使用暖房等によって異なります。

加湿のめやすは最近の高気密高断熱住宅や24時間換気システム住宅にも適用しておりますので、加湿器選びの最初のめやすとしてください。

ただし、集中換気の住宅ではお部屋の区切りを超えてお家の中を空気が巡回するため加湿能力不足になる可能性があります。また、ひどく乾燥に悩まれている場合などにはこのめやすよりも一回り大きい機種を選ぶことをお勧めします。
小さい加湿能力の機種を常にフル稼働するよりも、余裕をもって加湿するほうが電気代の面からみてもお得になります。