よくあるご質問(FAQ)

湿度計のしくみはどのようになっていますか?

湿度計には大きく分けてデジタル方式とバイメタル方式の2つの方式があります。そのため、加湿器が表示する湿度とお部屋にある湿度計の数値が異なる場合がありますが、構造の違いによるもので異常ではありませんのでご安心ください。

デジタル方式(当社採用)

感湿剤の間に電極が挟み込んであり、電流の流れやすさを抵抗の変化で測定しています。

検知速度
やや速い(数分間)

一般的な有効範囲
30~80%

図解:デジタル方式

バイメタル方式

金属に収縮率の異なる感湿剤を張り合わせ、湿度変化によって曲がるようにゼンマイ巻になっています。

検知速度
やや遅い(1~2時間)

一般的な有効範囲
35~75%(おおむね20~25℃)

図解:バイメタル方式
  • バイメタル式の湿度計の場合は室温20~25℃の時にもっとも精度よく計測されます。当社の湿度表示は、温湿度センサーが検知した値(相対湿度)を、0~40℃の範囲で室温に応じて表示します。
  • バイメタル式の湿度計と当社加湿器のデジタル湿度表示では、検知速度が違うため同じ場所においても、湿度差が出る場合があります。
  • 方式により有効範囲が異なりますので、低湿度や高湿度側では湿度表示に差が生じやすくなります。