よくあるご質問(FAQ)

標高何メートルの高地まで使用できますか?

標高1,000m以上の高地では使用しないでください。
酸素が不足すると不完全燃焼し、一酸化炭素などが発生して中毒になるおそれがあります。標高の高いところでお使いになるときは、換気の回数を増やしてください。2カ所以上開放すると効率よく換気できます。
また、窓の凍結、地下室など換気が十分に行えない場所では使用しないでください。

2016年度以降に製造販売しました家庭用石油ファンヒーターの取扱説明書やカタログでは「標高1,300m以上の高地で使用しない」となっております。