加湿器加湿器(RFシリーズ)のお手入れ

お守りください

  • 点検・手入れを行うときは、必ず運転を停止させ、電源プラグをコンセントから抜いて行なってください。また、分解はしないでください。感電・発火・故障の原因になります。
  • お手入れせずに使用を続けると、雑菌やカビが繁殖し悪臭が発生したり、加湿量の低下や送風音が大きくなる原因になります。定期的にお手入れを行なってください。

ご使用のたびに

本体のごみやほこりをふき取る

  • 柔らかい布でからぶきするか、水でうすめた中性洗剤をしみ込ませた布でふいてください。
  • 変質や変色防止のため、ベンジン、シンナー、アルコール、アルカリ洗剤、漂白剤などは使用しないでください。また、化学ぞうきんを使用するときは、その注意書に従ってください。

タンク内をきれいにする

タンク内の水は、毎日新しい水道水と入れ替えてください。タンク内の水を捨て、きれいな水を少し入れ、振り洗いしてください。

週に1回程度

吸気グリルのお手入れをする

掃除機などで吸気グリルのほこりを取る。

お守りください

吸気グリルの汚れがひどくなると雑菌が繁殖し悪臭が発生したり、加湿量の低下や送風音が大きくなる原因になりますので、こまめにお手入れしてください。

フィルター交換サインが点滅したとき

カンタン取替えフィルターの交換とトレイのお手入れをする

カンタン取替えフィルターやトレイに水アカが付着します。水アカは水道水に含まれるミネラル分が気化せずに残ったものです。カンタン取替えフィルターの交換やトレイのお手入れをせずに使用を続けると、雑菌やカビが繁殖し悪臭が発生したり、加湿量の低下や送風音が大きくなる原因になりますので、必ずカンタン取替えフィルターの交換とトレイのお手入れをしてください。

1.タンクカバーを開け、タンクを取り出す

2.トレイを本体から引き出す

3.トレイからカンタン取替えフィルターを取り出し、廃棄する

廃棄するときは、各自治体の指示に従って廃棄してください。(材質:レーヨン、ポリエステル)

4.トレイの水を捨て、スポンジなどで水洗いする

フロートは外さないでください。

5.新しいカンタン取替えフィルターをトレイにセットする

カンタン取替えフィルターは、トレイの凸部にそって入れてください。

6.トレイを本体にセットする

トレイを奥まで確実に入れ、タンクをセットしてください。

7.タンクを本体にセットし、タンクカバーを閉める

8.フィルター交換サインを解除する

フィルター交換サインが点滅する前にお手入れを行なったときも、フィルター交換リセットボタンを「ピー」と鳴るまで(約3分間)押してください。

フィルター交換サインが点滅する前に、吹き出す風が臭ったり、加湿量の低下や送風音が大きくなったときは、カンタン取替えフィルターの交換とトレイのお手入れをしてください。

関連ページ

加湿器のサポート一覧へ