石油暖房機器初めて使用するときオレンジ色の炎や煙、臭いが出る

防錆油や耐熱塗料が焼けるためです。

対処方法

煙や臭いは数時間でおさまりますので、部屋の換気をしながらご使用ください。オレンジ色の炎は、しばらくの間、燃焼を続けているとおさまります。

燃焼している炎の状態を確認してください。

(炎の状態がわかりやすいように本体枠を外して撮影した写真です。)

  • 炎の色が透明感のあるピンク、またはオレンジ色になる
    超音波式の加湿器を使用すると起こります。水に含まれるカルシウム分による反応です。
  • 炎の色がときどきチラチラと赤くなる
    空気中のほこりが燃えるためです。
  • バーナの網が赤くなる
    炎の中に黄色い炎が筋状に現れなければ、異常ではありません。
  • 小火力で燃焼しているとき
    火力が小さいときはバーナの網が赤くなりますが、異常ではありません。

対処しても症状が改善しない場合は修理が必要です。

修理について(依頼先・代金など)

前のページに戻る 石油暖房機器の気になる症状一覧へ戻る