加湿器湿度が上がらない

  • 加湿器の適室とお部屋の広さをご確認ください。
  • エコ(eco)運転、静音運転になっています。
  • 窓や戸が開いています。
  • 抗菌気化フィルターに水アカやごみが付着しています。

対処方法

  1. 湿度センサーの動作確認をしてください。
    「運転入/切」スイッチを押して運転を開始して10分以上経過してから行なってください。

    • 湿度表示が低い場合
      湿度センサー(本体背面の上部中央)にゆっくり2~3回(温めるように)息を吹きかけてみてください。
      現在湿度が上がれば動作しています。

    湿度表示が変化するまでに、数十秒~数分かかる場合があります。
    湿度表示が変化しない、あるいは、明らかに異常な表示が出ている場合は修理が必要です。

  2. 正常に加湿しているか確認をしてください。
    現在湿度より10%以上高い湿度に設定したうえで「標準」モードで運転し、最大加湿量(取扱説明書/仕様 参照)~90%程度の、水が減るかどうか確認してください。
    タンクの水が減っていれば加湿器は正常です。湿度が上がらないのは、何らかの原因(後述)で、現在ご使用のお部屋で湿度を上げるには、加湿器の能力が不足しているためと思われます。
    加湿器の適室とお部屋の広さをご確認ください。
    現在湿度をより高めるためには、より能力の大きい機種への変更または増設をご検討ください。
    水の減りが少ない場合は以下を確認してください。
    水が減らない
  3. その他の原因
    • 外気の湿度が非常に低い
    • 室温が高すぎる
      加湿器の加湿のめやす(適用床面積)は室温20℃を想定しており、室温が高い場合はより大きな加湿量が必要です。例えば、室温20℃で湿度60%の部屋を24℃まで暖めると湿度は40%まで下がりますので、60%を保つためにはより大きな加湿能力が求められます。
    • 強制排気、空気の強制循環システムが作動している
    • 窓や戸が開いています

症状が改善しない場合は修理が必要です。

修理について(依頼先・代金など)

前のページに戻る 加湿器の気になる症状一覧へ戻る