気になる症状への対処方法セラミックファンヒーター

症状 原因 処置方法
電源プラグや電源コードが熱くなる 消費電力が大きいため、運転中は電源プラグや電源コードがあたたかくなります。 点検してください
運転しない
  • チャイルドロックがセットされている。
  • 電源プラグが抜けている。
点検してください
運転中なのに温風が出ない 温風運転「自動」モードに設定している場合、室内温度が上がり過ぎると送風のみの運転になります。 点検してください
音がする 「ブーン」、「ジー」という音は、送風ファンが動いている音です。 点検してください
電源プラグをコンセントに差し込んだとき、送風ファンが回る 前回ご使用のときに、電源プラグを抜いて運転を停止したり、運転停止後すぐに電源プラグをコンセントから抜いたことが原因です。 点検してください

次の項目は、加湿セラミックファンヒーターの場合のみ。

症状 原因 処置方法
給水サイン(赤)が点滅している タンクの水がないと判断しました。 点検してください
運転ランプ(赤)と、加湿運転ランプ(緑)が点滅している
  • トレイが本体に確実に入っていません。
  • 受皿カバーがセットされていません。
点検してください
自動的に運転を開始した
  • 入タイマーの設定により自動的に運転を開始しました。
  • 省エネセンサー運転中、人がいないと判断したために運転を停止していた状態から、人の存在(動き)を検知したために運転を再開しました。
点検してください
運転中に自動停止した
  • 切タイマーの設定により自動停止しました。
  • 電源プラグが抜けたため、自動停止しました。
  • 一時停電したため、自動停止しました。
    (停電安全装置が作動)
点検してください
加湿運転しているのにタンクの水が減らない、または風の出が少ない
  • 吸気グリルにほこりが付着している。
  • 抗菌気化フィルターに水アカやごみが付着している。
点検してください
加湿運転ができない、タイマー運転ができない タンクの水がないと判断しました。 点検してください
臭いが出る 抗菌気化フィルター・吸気グリル・トレイ・受皿カバーが汚れています。 点検してください
抗菌気化フィルターが茶色に変色している 水アカが付着しています。 点検してください

セラミックファンヒーターのサポート一覧へ