2018年度グッドデザイン賞を受賞しました

2018.10.03 暖房機

2018年度グッドデザイン賞受賞

ダイニチ工業株式会社は、10月3日、家庭用石油ファンヒーター「FW-SGXタイプ」と「FZタイプ」で2018年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。
1992年の業務用石油ストーブ「FM-811」以来26年ぶりの受賞となります。

また、開放式石油ファンヒーターとしては、2002年以来16年ぶりの受賞となります。

グッドデザイン賞とは

1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。
国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。
受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

出典:グッドデザイン賞公式Webサイト

受賞一覧

家庭用石油ファンヒーターFW-SGXタイプ

■デザイナー:株式会社プレーン 渡辺弘明 川﨑孝典 柴田詠一

■グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ:
http://www.g-mark.org/award/describe/47307?token=TYBBzreRMv

【審査委員の評価】
回転可動式の温風吹出口を持ち、高い機能性を備えた石油ファンヒーターである。機能に対してコンパクトな印象を受けるが、前面パネルの造形処理や2トーンボディーの巧みなデザインに依るところも大きい。

前面パネルは金属プレス成型で作られているが、大きな穴が空いているにも関わらず高いボディー剛性が保たれているところに、技術とデザインが一体となって製品開発が行われたことが伺われる。

部屋を速く暖める工夫や、給油回数を少しでも減らす工夫など、寒冷地に暮らす人々への暖かな配慮が感じられるデザインである。

FW-SGXタイプの詳細はこちら

家庭用石油ファンヒーターFZタイプ

■デザイナー:ダイニチ工業株式会社 デザイン室

■グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ:
http://www.g-mark.org/award/describe/47308?token=8q4tZ6ubHR

【審査委員の評価】
高暖房出力を備えつつも、デザインの工夫によって実際よりも小さく感じられ圧迫感がないことが評価された。

また安全性や作業のしやすさも従来品から改善されており、石油ファンヒーターとしての機能を最大化しつつも親しみやすい製品となっている。

また、圧迫感をなくすための台形シルエットは、同時に安定性を考慮して設計されていることが伝わり安心感にも繋がっている。

FZタイプの詳細はこちら

ニュースリリース

2018年度グッドデザイン賞を受賞しました