沿革

1964年4月 石油バーナー、石油ふろ釜を製造販売するメーカーとして、新潟県三条市にダイニチ工業株式会社を設立
1971年7月 当社発展の礎となった開放式の石油暖房機器(業務用石油ストーブ)に、「ブルーヒーター」と命名し製造販売を開始
1977年5月 業界初の全自動の石油暖房機器(業務用石油ストーブ)を開発し、製造販売を開始
1979年10月 新潟県白根市(現・新潟市南区)和泉工業団地内に、本社・工場を移転
1980年6月 着火スピードが業界最短の気化器を搭載した石油暖房機器(家庭用石油ファンヒーター)を開発し、製造販売を開始
1983年9月 東京都品川区に東京事務所を開設(現・東京第一、東京第二、東京第三営業所)
1984年6月 福岡市博多区に九州事務所を開設(現・九州営業所)
1986年6月 大阪府吹田市に大阪営業所(現・大阪第一、大阪第二営業所)、仙台市若林区に仙台営業所(現・東北営業所)、本社内に新潟営業所をそれぞれ開設
1987年1月 東京都千代田区に賃貸オフィスビル(麹町ビル)を新築(2003年2月に売却)し、不動産賃貸業を開始
1987年8月 スモークマシンを開発し、製造販売を開始
1987年8月 名古屋市東区に名古屋営業所を開設
1988年8月 東京都千代田区に東京営業所兼賃貸オフィスビル(神田ビル)を新築(2007年3月に売却)し、東京営業所(現・東京第一、東京第二、東京第三営業所)を移転
1990年6月 新潟県白根市(現・新潟市南区)北部工業団地内に、新工場(北部工場)を建設し製造部門を全面的に移転
1990年11月 株式を日本証券業協会に店頭登録
1996年1月 新潟県白根市(現・新潟市南区)北部工業団地内に、本社を移転
1996年5月 群馬県高崎市に高崎営業所、栃木県宇都宮市に宇都宮営業所、広島市安佐南区に広島営業所をそれぞれ開設
1996年8月 新潟県白根市(現・新潟市南区)北部工業団地内に第二工場兼研究開発センターを建設し、和泉工業団地内より研究開発部門を移転
1997年6月 コーヒーメーカー(焙煎機能付きコーヒーメーカー)を開発し、製造販売を開始
1998年6月 株式を東京証券取引所市場第二部、新潟証券取引所(2000年3月1日付で東京証券取引所に吸収合併)に上場
1999年3月 ISO9001の認証取得
2000年12月 ISO14001の認証取得
2002年2月 新潟県白根市(現・新潟市南区)和泉工業団地内に、配送センター(現・和泉物流センター)を開設
2003年3月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
2003年10月 加湿器(ハイブリッド式加湿器)を開発し、製造販売を開始
2010年4月 8営業所を整理統合し、5営業所(関東、関西、東北、新潟、九州営業所)、4オフィス(高崎、宇都宮、名古屋、広島)体制に変更
2011年4月 新潟県新潟市南区北部工業団地内に第三工場を取得
2013年4月 岡山市北区に岡山オフィスを開設
2013年10月 新潟県新潟市西蒲区打越第1工業団地内に中之口工場を取得
2014年4月 宇都宮オフィスを閉鎖
2014年4月 札幌市白石区に札幌オフィス、埼玉県久喜市に埼玉オフィス、茨城県水戸市に水戸オフィス、神奈川県横浜市に横浜オフィスをそれぞれ開設
2015年4月 岩手県盛岡市に盛岡オフィスを開設
2015年9月 電気暖房機器(セラミックファンヒーター)を開発し、製造販売を開始
2018年3月 管理本部、生産本部、開発本部を新設
横浜オフィスを閉鎖
2018年4月 営業本部を新設し、4本部体制に変更
12営業所(東京第一、東京第二、東京第三、水戸、高崎、東北、新潟、大阪第一、大阪第二、名古屋、広島、九州)、4オフィス(埼玉、札幌、盛岡、岡山)体制に変更
2019年3月

埼玉オフィスを閉鎖

2019年5月

配送センター倉庫を解体・新築し、呼称を和泉物流センターに変更