グリーンから紅色へ

東京にある当社事務所で育てているコーヒーの木。前回は白いコーヒーの花をご紹介しました。さて、花が枯れるころには花の付け根が膨らんでいます。屋内で栽培していますので、もちろん受粉作業が必要です。この部分がコーヒーの実になります。

コーヒーの実1

本来の生息地である熱帯地方に比べると、はるかに過酷な気候条件であるはずの東京。こんな所でも実を結ぶことに、驚きと感激の気持ちに満ちています。

コーヒーの実2

ツヤツヤしたグリーンが美しいコーヒーの実。

コーヒーの実3

ほかの何かの木と同じように、しだいに赤みを増していきます。

コーヒーの実4

コーヒーは収穫できるのでしょうか……それは次回のお楽しみに。

(初出:カフェプロサイト 2008年5月14日、2008年7月22日、2008年8月29日 カフェプロブログ 2012年6月19日 )