コーヒー豆知識

コーヒーに関するいろいろな知識 知っていると便利ですよ!

コーヒーはダイエットによいと言われている理由

コーヒーがダイエットによいとちまたで評判のようですが、これはコーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸が関係しています。カフェインには、脳の視床下部を刺激し交感神経の働きを活発にして脂肪を燃やしてくれる、褐色脂肪細胞が働くスイッチを入れる作用があります。その結果、脂肪燃焼が促進され、基礎代謝が上昇します。また、クロロゲン酸が褐色脂肪細胞にアタックして脂肪の燃焼効率がアップするそうです。

コーヒーはまさにダイエットに最適の飲み物ですね!

また、浅煎り豆は深煎り豆よりも、カフェインとクロロゲン酸が多く含まれているそうです。豆の種類ではハワイコナとマンデリンがカフェイン以外にも交感神経を刺激し、褐色脂肪細胞を活発にしてくれる成分を含んでいるそうです。

カフェプロ特選生豆「ヨーロピアンブレンド」にはマンデリンがブレンドされておりますので、ダイエット効果を期待される方にはお勧めです!

コーヒーで眠気がスッキリする理由

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、眠気防止に効果的というのはご存じですよね?

これはカフェインが眠気を促す神経伝達物質「アデノシン」ととても構造が似ており「アデノシンA2A受容体」というタンパク質にアデノシンの代わりにカフェインがくっつき、アデノシンの眠気効果を阻害するからだそうです。

コーヒーは胃によくない?

食後に飲むコーヒーは、カフェインの作用で胃液の分泌を促し胃腸の調子を整えるため胃によい飲み物です。しかし、空腹時の食前に飲んでしまうとカフェインで増えた胃酸が直接胃の壁を襲うため、避けた方がよいでしょう。

コーヒーカップのとっては右?左?

コーヒーカップをセットする際、とってが右になっていることもあれば、左になっていることもあります。実はとってが右側にくる方式は「アメリカ式」、逆に左側にセットするのは「イギリス式」といわれています。通常、シュガーとミルクを入れる場合、左手をカップのとってに添えて右手のスプーンでまぜ、カップを180°回転させて右手で持ち上げて味わいます。これがいわゆる「イギリス式」となります。 一方「アメリカ式」は薄めに抽出したアメリカンコーヒーをブラックで飲む人が増えたために、カップを回転させずにそのまま飲めるように生まれたスタイルなのだそうです。

コーヒーに使われる砂糖の特長

コーヒーといっしょにグラニュー糖や、角砂糖、コーヒーシュガーなどが出されますが、それぞれどのような特長があるのでしょうか。グラニュー糖は精製してあり、コーヒーにも溶けやすく味がスッキリとしています。角砂糖はグラニュー糖を固めた物で、溶けにくいという短所がありますが、その溶けていく時間を気長に待つのも楽しいものです。コーヒーシュガーはカラメルで着色した結晶状の砂糖で、溶けにくいタイプではありますが、少し香ばしさが加わり、後味はクセがなくすっきりしています。

コーヒーフィルターを正しくセットしていますか?

ペーパードリップには欠かせないフィルターですが、その形状は同じように見えて実はメーカーごとに微妙に異なります。したがってドリッパーもどのメーカーのフィルターを基準にしたかで形状が違いますから、本来の抽出性能を出そうとした場合は同一メーカーの組み合わせがまず間違いのないところです。理由はペーパーとドリッパー壁面の接触がお湯の流れ(濾過性)に大きくかかわり、完全に浮いている場合、お湯がペーパーの外へなかなか出ていかないからです。

よい例コーヒーフィルターを正しくセット
悪い例:お湯が均等に落ちません!コーヒーフィルターを正しくセット(悪い例)

また、ペーパーフィルターの片側側面と底の部分には貼り付け部分を折ることが大切で、側面を折り曲げたら底面を反対に折り曲げましょう。そうすることによってお湯の浸透が一定になり、安定した味になります。

まず側面を折るコーヒーフィルターの正しい折り方1
つぎに裏返して底面を折るコーヒーフィルターの正しい折り方2

アメリカンコーヒーはお湯で薄めたもの?

昨今エスプレッソメーカーを導入されているショップが多く、カップにエスプレッソを抽出し、お湯で割ってアメリカンといって提供している店も多く見かけられます。でもこれはエスプレッソのお湯割りであって本来のアメリカンコーヒーとはかけ離れすぎていますし、ドリップコーヒーでもないような味になってしまいます。アメリカンコーヒーは浅煎りした豆を使ったもので、香りと酸味を引き出しさっぱりした味になります。「アメリカン」=「味が薄い」というわけではないのですね。

コーヒーの「カス」はこんなに使える!

コーヒーをドリップしたあとの「カス」はどうされていますか?コーヒーには活性作用があり、消臭効果があります。乾燥させて灰皿に入れている方もよくいらっしゃいますよね。ほかにも生ゴミが入ったゴミ袋など少しニオイが気になるようなものに、乾燥したカスをそのままふりかけるだけでニオイを消し去ってくれます。また、瓶にいれてフタをせずに冷蔵庫に入れたり、小さい布袋に詰めて下駄箱に入れたりなど、工夫しだいで消臭剤として使用できます。

活性作用のあるコーヒーは、植物も活性させることができ、植木鉢の土に混ぜると肥料としても使えます。成長にももちろん効果がありますが、葉っぱの緑が鮮やかになります。

ニンニク料理のあとにはコーヒーを!

コーヒーに消臭効果があるということは有名ですよね。これはコーヒーの中に消臭効果のある「フルフリール基タンニン」などの成分が多く含まれているからです。ニンニク料理を食べた直後ではなく、ニンニクが消化され臭いを発しはじめる1時間後にコーヒーを飲むとより効果的です。

コーヒーには軟水と硬水、どちらがいいの?

答えは軟水です。

そもそも硬水、軟水とはいったい何なのでしょう?これは水に含まれるミネラル分(カルシウム、マグネシウム)の含有量で定義されるもので、硬度100未満が軟水、100以上が硬水というのが普及してきています(炭酸カルシウムが100ppm溶け込んでいる状態=硬度100)。ではなぜ、コーヒーには軟水がよいのでしょう?これはコーヒーに限ったことではなく、成分抽出をするような飲み物は味を決定づける有効成分の形を変えないで口にすることが重要だからです。

コーヒーの場合ですとガン抑制効果のある「クロロゲン酸」という成分も簡単にミネラル分(カルシウム、鉄分など)と反応してしまいますし、酸味などを与えるカルボン酸類も容易に姿を変えてしまいます。また、硬度の高い水はドリップヒーターの配管にスケール(汚れ)を生成しやすいため、お湯の出が悪いなどの症状が出やすくなります。

ところで日本の水の硬度の平均は60程度とも言われていますが、地域による傾向がはっきり現れているそうです。東北、北陸などの降雪地帯は硬度40以下、関東、琵琶湖隣接地域、九州地方などは80以上だそうです。地下水などを飲料用に用いた場合はさらに高くなる場合も考えられ、コーヒーの味も変化必至と考えられます。

なんだか硬水が悪者のようですが、ミネラルウォーターが販売されていることからもミネラルは体に必要なもので料理によっては味を良くする効果があります。水の使い方はケースバイケースということですね。

コーヒーをおいしく淹れるには?

「自分の淹れたコーヒーは今一つ…」と思う方は多いのではないのでしょうか?

確かにコーヒーの味は最後の段階である抽出でガラリと変化してしまいます。たとえば豆の挽き方(ちなみにペーパードリップでは中挽き程度がおいしいと言われています)が粗くなればお湯のとおりが良くなるわけですから、同じお湯の温度、同じお湯の注ぐ時間をもってしても味は薄くなることでしょう。逆に豆の量が多すぎて、コーヒーが濃くなりすぎても苦いだけといった感じしか得られない場合もあるようです。

また、お湯を注ぐときにコーヒー粉が膨らんでいる光景をご覧になられたことがあることと思います。ペーパードリップでコーヒーを抽出する場合、コーヒー専用の細口のポットでお湯を注ぐことをおすすめします。専用ポットはお湯が細く出る形になっていることから、多く、早く出そうとしてもお湯は出てこなく、粉の中心部分を的確に狙ってお湯を通すことができます。

コーヒー専用のポットでお湯を注ぐと、粉の膨らむ様子がよく 分かり、味も良くなります。おいしいコーヒーを入れるにはゆっくり焦らず時間をかけなければならないのです。

焙煎したコーヒーの鮮度の見極め方

ドリップ式でコーヒーを淹れたときの粉の膨れ具合でコーヒーの鮮度が分かります。コーヒーにお湯を注ぐと膨れあがりますね。これはコーヒーを焙煎すると炭酸ガスが発生しコーヒーの組織にくっつくのですが、抽出の際にその組織から追い出されるからです。鮮度のよいコーヒーはドーム型によく膨らみ、粒の揃った細かい泡がたくさんでます。古いコーヒーは、すでにガスが放出されてしまっていてお湯を注いでも膨らまず、場合によっては中央が陥没してしまうことがあります。

ここでカフェプロで焙煎・ミルしたコーヒー粉と、スーパーなどで市販されているコーヒー粉と比較してみましょう。

結果は一目瞭然ですね。おいしいコーヒーを飲むための目安は、豆を焙煎してから1週間、挽いたものなら3日間。これをすぎるとせっかくの味と香りが失われてしまいます。コーヒーだって生鮮食品と同じ!つまり、鮮度が命です。しなしなの野菜よりシャキシャキっとした野菜のほうがおいしい!であれば、コーヒーだって、淹りたて!挽きたて!淹れたて!がおいしいに決まっていますよね。

意外?コーヒーは健康的な飲み物

コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」という成分が発ガン性物質の生成を阻止し、最近日本人に急増している肝臓ガンや大腸ガンを防ぐと言われています。

さまざまな病気の原因となる活性酸素を除去する効果もあります。また、「ニコチン酸」というビタミンは、血中のコレステロール値を下げる働きがあり、心臓病の予防につながります。動脈硬化を起こしにくくする効果もあります。そして最近では、東京大病院と朝日生命糖尿病研究所の調査でコーヒーをよく飲む人ほど血糖値が低いという傾向があったことが判明したそうです。調査は糖尿病にかかっていない50歳の男女計2,452人(男941人、女1,511人)の空腹時の血糖値を調べたところ、男性の場合、コーヒーを飲む回数が週1回未満の人では19.0%が糖尿病の境界領域だったが、週5回以上の人では9.7%と少なく、また、女性の場合でも、週1回未満では6.9%だが、週5回以上だと3.6%と言う結果となったそうです。また紅茶や緑茶、ウーロン茶でも同様の調査を行ったそうですが、血糖値への効果はみられなかったとのことです。

新鮮なコーヒーを毎日飲んで心も体も健康になりましょうネ!

  • 生豆のよいところ
  • コーヒーの木成長記録

新鮮なコーヒーを愉しむなら自家焙煎。
焙煎機のカフェプロシリーズをご利用ください。

12段階の煎り加減を簡単なボタン操作だけで実現_カフェプロ101

コーヒー豆焙煎機 カフェプロ101(MR-101)

・自家焙煎のカフェを新たにはじめたい方
・お店のコーヒーを自家焙煎コーヒーに切り替えたい方
・今より手間をかけず楽をして焙煎をしたい方
・今使用している焙煎機よりも静音タイプをお探しの方へ
おすすめです。

手軽に焙煎・ミル・ドリップ。簡単においしいコーヒーを楽しむなら、カフェプロ503

焙煎機能付きコーヒーメーカー カフェプロ503(MC-503)

・オフィスで従業員のみなさんとコーヒータイムを楽しみたい方
・接客用においしいコーヒーを提供したい方
・とにかく手間をかけずに自家焙煎コーヒーを飲みたい方へ
おすすめです。

コーヒー生豆

カフェプロ コーヒー生豆

・生豆の入手ルートでお困りの方
・生豆の焙煎を新たにはじめる方
・ハンドピックの手間を極力減らしたい方へ
おすすめです。

別売部品

別売部品

部品が破損した場合や交換が必要になった場合も安心です。オンラインショップでお求めいただけます。