焙煎機能付コーヒーメーカー・コーヒー豆焙煎機のカフェプロシリーズは多くのお客様に愛されています。

お客様からのメール紹介

2007年〜2008年のメール

2006年以前のメールはこちら
2009年以降のメールはこちら

  商品のご紹介はこちら
    →コーヒー豆焙煎機カフェプロ101
   →焙煎機能付コーヒーメーカー カフェプロ503
 

■カフェプロ購入以来、毎日おいしいコーヒーを楽しんでいます。コーヒーなど興味のなかった高校生の息子も飲み始めました。
焙煎さえしていれば今まで使っていたコーヒーメーカーより簡単に入れることができるのでいいです。いちいち粉や豆をセットしなくてもいいのが一番です。

ただ、焙煎豆がどのくらい残っているか、いつ完全になくなったかわかりにくいです。まだ少し残っているとき、最大量の生豆を入れて一度失敗してしまいました。

また、私はガラスポットに水を汲んできてタンクに入れています。タンクをいちいちはずしてふたをあけて・・・水を入れていますが、その手間が(たいしたことないのですが)ちょっと面倒です。
手前にスペースがあればタンクをはずさず注げるかも・・・・といつも思っています。

それにしても味にはとても満足しています。思い切って買って本当によかったです。
(2008.10.20 MC-502ご愛用 千葉県 H様)
 
〜カフェプロ小林より〜
●H様ご感想、まことにありがとうございました。
高校生の息子さんまでカフェプロのコーヒーに興味を持っていただけるとは!

私もMC-502を使用する際、H様と一緒でガラスポットに水を汲んで運び、タンクに入れています。確かにそのままタンクのフタを開けて注水できたら、ひと手間要らなくなりますね!貴重なご意見ありがとうございました。
今後の商品開発の際の参考にさせていただきますね。

これからもお使いいただく上でお気づきの点がありましたら、ぜひ教えていただけると幸いです。

▲このページのトップに戻る

■いつも快適に使わさせて頂いております。
ひとつ質問なのですが、酸味、苦味調整と浅炒り、深炒りの違いは何でしょうか?
たとえば、酸味苦味調整は焙煎の時間で、浅炒り深炒りは温度とかでしょうか?
お手数ですが、お知らせ願えれば幸いです。よろしくお願い致します。

(2008.07.23 MR-101ご愛用 愛知県 K様)
 
〜カフェプロ小林より〜
●快適にお使いいただいているということで、こちらもとてもうれしいです。

さて、お問い合わせの件ですが、風味・煎り加減ボタンは煎り止め(加熱停止)温度を決定しています。
風味で大きく酸味、標準、苦味と3つに分けた中でさらに細かく浅炒り〜深炒りの4段階に分けて温度設定をしています。
これにより、12段階の温度設定が可能となるわけですが、その温度の変化については以下のようになります。
(上段は酸味が強く、下段へ行くほど苦味が強くなります)
 
MR-101 焙煎設定 風味 温度
風味 煎り加減
酸味 浅め

最も酸味が強い

最も低い
深め
浅め
深め
苦味 浅め
深め 最も苦味が強い 最も高い


どうぞご参考にしていただき、K様のお好みの設定をお探しください!

▲このページのトップに戻る

■数年前よりCAFEPROのHPを「お気に入り」に入れて時々見ておりましたが、やっと手に入れることが出来ました。
購入後貴社小出様とは数度に亘りいろいろとご指導いただきまして有難うございました。
あまり濃いコーヒーは駄目で焙煎の「浅煎り」よりももっと浅いいり方の調整方法を教えていただきました(購入に至るまでの事も小出さんにお話しています)。
コーヒー通の方からは叱られそうですが、家族全員がブラックよりも「カフェオーレ」の方が好きで、CAFEPROで3カップのコーヒーが出来る間にミルクを温めてそれぞれの好みの量のミルクを入れて飲むのが毎朝の習慣になっています。
この間は、幾度か3カップのところを当初設定の5杯のままドリップボタンを押してしまって、慌てたことから、小出様にカップ数を設定変更できないかお尋ねいたしました。
8時間経つと前回のカップ数はリセットされて5杯になる由、残念ですが致し方ありません。
年をとるとどうして少し慌てた時にはカップ数設定のボタンでなく「ドリップボタン」を押してしまいます。
これも笑って話せる程度のことで、家族に冷やかされる種になっています。

今まで自分でドリップもしてきましたが、なかなか難しかったのですが、本当に簡単においしいコーヒーを入れられるので、CAFEPROの扱いは焙煎からドリップ、後の掃除や器具の後片付けまで私の仕事になっています。
有難うございました。これからも「CAFEPRO」で楽しく過ごしたいと思っています 。
当面は生豆をいろいろ試して見たいと思っています。現在のところは「オリジナルブレンド」と「ヨーロピアンブレンド」を戴いていますが、「コーヒーの日」を利用して別の生豆をと楽しみにしております。そしていろいろ試飲の後、「ブルマンブレンド」をいつお願いするかが又楽しみの一つです キットすばらしい味と香りなのだと思っています。
これからもよろしくお願いします。 よろしくお願い致します。
(2008.07.23 MC-502ご愛用 岐阜県 F様)
 
〜カフェプロ小出より〜
●F様 こんにちは。
メッセージ拝読いたしました。ご家族で楽しんでいただいている様子に心が温まりました。ありがとうございました。

また、ご購入当初は大変ご面倒をおかけいたしました。
お客様よりご質問いただくことで、どのような点がわかりにくいのか、何にお客様が困っていらっしゃるのかを知ることができ、大変感謝しております。(私も勉強させていただいていますよ。)
ドリップの「カップ数」設定につきましては、MC-502ご使用方法の紹介ページの「2-5.カップ数を選択します」に掲載させていただきました。
これからもご不明の点やご意見などがございましたら、遠慮なくお寄せください。
さて、また「コーヒーの日」が近づいてきました。
 
次回のコーヒーは...  楽しみにしていてくださいね!

▲このページのトップに戻る

■カフェプロMC-502を利用してまだ半年余りですが、我が家にとってなくてはならないものとなっています。
やはり炒りたての豆をすぐミルしてドリップすると香りがよく、休みの朝などはその香りで目が覚めるほどです。
操作も簡単で大変満足しています。
そんなカフェプロMC-502ですが、少し気づいた点をお伝えします。
  1. 豆の残量が分からない
    我が家は2人だけですので余り多くのストックは作りません。
    その為、1回(10杯分)焙煎してそれを使い切るようにしていますが、いつも「あと何杯分残っているんだろう」と妻と過去を思い出して算出しています。
    最近は1〜10までのシールを買ってきて残数を貼っていくようにしています。豆の残数が分かる小窓はあるのですが暗くて中が良く見えません。
    そこで提案ですが、その窓内に灯りが点くようなものが出来ないでしょうか。

  2. 焙煎済みの豆も対応
    夫婦で珈琲好きですので、知人からよく珈琲豆を頂きます。
    しかしそのほとんどが焙煎済みのもので、カフェプロMC-502しか所有していない私たちにはその使い道がなく困っています。
    ですので、焙煎済みの豆をストックしているところに、外部から入れられるような注ぎ口のようなものが出来ないでしょうか。

  3. 焙煎の調整
    これは私たちの思い過ごしかもしれませんが、生豆の種類により焙煎の具合が違うように思います。より良い焙煎をしてより美味しい珈琲を飲みたいと考えていますので、生豆の種類・状態などにより、焙煎の具合を変えてみたいと思うのですが、現在は[浅め][標準][深め]の3種類しかありません。
    微妙な焙煎をすることにより美味しさが変わるのであれば、それが調整できるようなスイッチがあればいいのですが。

  4. 注ぎ口の清掃
    ミルした珈琲とドリップのお湯が同じ注ぎ口のため、中に珈琲の粉がこびりつき掃除が大変です。
    掃除が簡単なものにするか、そもそもお湯と珈琲が別の口から出てくるよになればいいのですが。
以上、思いつきでご提案いたしましたが、総合的には大変満足しています。
以前、御社とは違う会社の機械(生豆から焙煎できるもの)を使っていたのですが、それが故障したため新しく購入しようと電気屋に行きましたが、生豆から焙煎できる機械がなく困っていました。そんな時御社のHPを見たときには「天の助け!」と思いました。 
これからも珈琲を愛する人たちのために気軽に焙煎・ミル・ドリップができるカフェプロMC-502を是非広めていって下さい。私たちも微力ながら知人などに紹介し応援していきます。
(2008.06.28 MC-502ご愛用 兵庫県 M様)
 
〜カフェプロ小林より〜
●M様、ご感想ありがとうございました。
「我が家にとってなくてはならないもの」とのお言葉、スタッフ一同とってもうれしく思っております。
なお、ご提案も下さり、まことにありがとうございます。
いただきましたご提案は今後の製品開発の参考とさせていただきます!

▲このページのトップに戻る

■ 思ったほど焙煎時の音も大きくなく夜間も使用できていいです。
味、香りは申し分ありません。喫茶店のコーヒーがおいしくないと思えることもあります。
ただ、生豆を見つけるのが一苦労。近隣に生豆を販売しているお店があれば言う事ありません。

(2008.6.14 MC-502ご愛用 岐阜県 W様)
 
〜カフェプロ小林より〜
●W様、ご感想どうもありがとうございました。
味に満足していただいているとのことで、こちらもとてもうれしいです。
生豆の購入に苦労されているとのことですが、当店では皆様にすぐにお届けできるよう、営業日の午前中にご注文いただいた場合、即日発送を心がけております。
また、送料や手数料もいただいておりませんので、ぜひお気軽にカフェプロ通販をご活用いただければと思います!
このたびは、本当にありがとうございました。

▲このページのトップに戻る

■「焙煎機能付コーヒーメーカーMC−502」を正月に購入しましたが、まだ、以前に注文した焙煎豆が残っていたため、結局、使用開始は購入2ヶ月後になってしまいました。
焙煎しているとパチパチと豆がはじける音がするとともに香ばしい香りが漂い、何とも言えない気分になります。こんなに簡単に自家焙煎が出来るなんて思っても見ませんでした。
焙煎の程度によって酸味と苦みが変わるのを実感して、色々な豆の味を楽しんでいます。
現在はプレミアムのコーヒー生豆を手に入れて、焙煎後4日以内に消費し、コーヒーは生鮮食品だと感じているこの頃です。

(2008.5.18 MC-502ご愛用 愛知県 N様)
 
〜カフェプロ小林より〜
●N様、ご感想ありがとうございました!
2008.5.1の岐阜県K様の感想にもありますが、同じ焙煎豆でもドリップの時間の違いでまた味が変わってきます。
ぜひその味の違いもお楽しみいただき、N様にとって最高のコーヒーの味を見つけていただければと思います(その際はまた教えてくださいね!)。

▲このページのトップに戻る

■ 今までも他社製の生豆焙煎コーヒーメーカーを愛用していましたが、使い込んで老朽化したので買い替えようと思っていたところ、貴社の製品を知人から紹介され、自宅用にしてはやや大きめなのでどうかなと考えましたが思い切って購入することにしました。
使用した感想としては
1.焙煎した豆をストックできるのが良い。
2.味は満足しています。
3.香りは今ひとつの感じ。
4.手入れは簡単で良い。

(2008.5.2 MC-502ご愛用 群馬県 U様)
 
〜カフェプロ小林より〜
U様 ご感想ありがとうございます。
以前は他社様をお使いとのことで、比較した上でのご感想、とても勉強になります。
これからもお気づきの点などございましたら、ぜひ教えてくださいね!

▲このページのトップに戻る

■他社のコーヒーメーカーとは違い、焙煎具合が調整できるため、同じ生豆でも煎り加減を変えた楽しみ方が出来るのが良いですね。
また、焙煎後すぐにドリップするのと、焙煎後2、3日経ってからドリップするのでは、味に落ち着きが出る?ので毎回微妙な違いを楽しんでいます。

最近、少し気になるのですが、焙煎後のストック豆が見える小窓の内側についたチャフをきれいにしたいという衝動に駆られています。
焙煎するときに、焙煎がまに残ったチャフは取り除いているつもりですが、ストック部にも少量入ってしまうようです。少量のチャフは仕方がないと思っているのですが、たまに清掃できると良いのでは?と思いました。

(2008.5.1 MC-502ご愛用 岐阜県 K様)
 
〜カフェプロ小林より〜
焙煎方法などいろいろと試して楽しんでいただいているご様子で、こちらもうれしいです。

チャフは焙煎でどうしても完全にとりきれず豆ストックへ残ってしまうことは確かです。
そのままご使用を継続されても味に大きな変化はございませんが、もし気になるようでしたら、水タンクに水を入れずに、ドリッパーに紙をセットし、ドリップボタンを押して排出し、ミルされて出されたチャフを処分するという方法もありますので、お試しください。
ご感想ありがとうございました。

▲このページのトップに戻る

■毎日美味しく珈琲頂いております。やはり炒って間もない豆で飲む珈琲は味が違いますね。
私は胃が弱く珈琲を2杯以上飲めなかったのですが、このカフェプロで飲むようになってから何杯も珈琲を楽しめるようになりました。
酸化していない新鮮な豆で淹れる珈琲はほんとに美味しいですね。
ありがとうございます。
気になるのは豆を貯蔵しておくところに皮のカスが少しずつ溜まり、それを簡単に掃除できると良いなと思います。
(2008.3.27 MC-502ご愛用 東京都 H様)
 
〜カフェプロ小林より〜
H様 ご感想ありがとうございます。
そうなんです。酸化していない新鮮な焙煎豆は胃にもと〜ってもやさしいんです!
また、新鮮な淹れたてのコーヒーの香りの成分にはDNAの酸化や心臓の老化を妨げる抗酸化作用のある物質が300種以上(!?)含まれている と言われているそうです(しかも、その効果は淹れてから約5分間しかないそうです)。
おいしいだけでなく体にもとってもいいカフェプロのコーヒー、これからも楽しんでくださいね。

また、焙煎豆ストック部の掃除につきましては、他の方からもご意見をいただいており、今後の製品開発の参考とさせていただきます。
ありがとうございました。

▲このページのトップに戻る

■自分の誕生日に妻を説得して、購入しました。購入して大満足です。
こんなにコンパクトでしかも機能的な商品は他にないと思います。(設定もメンテナンスも超簡単です。ずぼらな私でも大丈夫です。)

生豆は、焙煎豆よりも安く、長期保存も可能なため、数種類の豆を同時に開封しても鮮度が落ちません。ストレートやブレンドでの楽しみ方が自由自在です。これまでにない楽しみです。

カフェプロ101は、コーヒー素人の私にコーヒーの世界を広げてくれました。ほんとうに、見て良し、使って良しの製品をありがとうございました。(ちょっとほめすぎかな?)
(2008.1.26 MR-101ご愛用 群馬県 Y様)
 
〜カフェプロ柴垣より〜
このたびは、ご連絡をいただきましてありがとうございました。
ご自身へのお誕生日プレゼントとして「カフェプロ101」をご購入いただいたとうかがい、大変光栄に思っております。また、お使いいただいてのご感想としてたくさんのお褒めの言葉を頂戴し、スタッフ一同うれしく拝見させていただきました。

通販ではお客様のご意見やご感想などを伺う機会が少ないため、このようなメールをいただくととても励みになります。本当にありがとうございます!

▲このページのトップに戻る

■やはり、好評判のとおり静かであり、焼き上がりのバラツキはさほどありません。「風味」と「焼加減の調整」の合わせて12種類の組み合わせは私は使いにくいことはありませんが、むしろ「12段階の調整」にしたほうが使い易いし「シナモンロースト」から「フルシティロースト」までを12段階も選べる! としたほうが判り易くてよいと思いました。

唯一の欠点はやはり「チャフ」の問題です。
他社機と比べても焙煎量がほぼ同じなのに「チャフの収集量」があまりにも少ないことです。「チャフ取りケース」には大きいチャフが少し取れるだけで小さく細かいチャフは「コーヒー回収ケースに焙煎後の豆と一緒に(底に溜まるが鉄板底のメッシュ小さ過ぎるため下に選別されずに残る)なってしまいます。
チャフが混じるとドリップした時コーヒーの味にかなりのダメージになります。

いまは焙煎後のコーヒーケースを揺すりながらハンディ掃除機でチャフを吸い取ってます。かなり手間が掛かります。ですが、なによりも柴垣様にお伝えしたかったのは以下のことです。

できあがりのコーヒーの味・・・・たいへんに良いです。以前のメールで申し上げたように生豆は他のコーヒー専門店より購入しておりますが、それぞれのコーヒーのティスティングレポートにあることが「カフェプロ101」で焙煎したとき、実にそのとおりに認識出来たことです。
私が飲んでも、他の人に飲ませても感想はティスティングレポートとほぼ同じ結果でした。3・4種類の豆でもそれぞれのティスティングレポートの結果はほぼ同じでした。これは他社機では決してこれほど明確には得られなかったことです。コーヒー専門店のレポートを見ながら「ど〜こが!?」といいながら飲んでたものです。
次は「何を焙煎しようか?」と楽しみです。やっと入手した「2007パナマ・ゲイシャ種、エスメラルダ農園産」を焙煎することにします。

「カフェプロ101」高価でしたが「購入してほんとよかった!」とつくずく思った次第です。豆の持ち味を引き出してくれるハイC/Pの製品です。
(2008.1.25 MR-101ご愛用 宮城県 M様)
 
〜カフェプロ柴垣より〜
焙煎具合につきましては、ご満足いただけたこと、うれしく思っております。
しかし、チャフ取りにつきましては、焙煎の都度M様のお手を煩わせてしまっておるとのこと、大変申し訳ございません。
MR−101はチャフ分離専用の動力源を持っていないため、ご指摘のようにチャフ取り性能は完璧ではありません。

チャフ取り機構については、焙煎プレート底部に設けたスリット開口部上を豆が撹拌移動していくときに、チャフの一部がスリットを通り抜け下方に落下していく構造となっています。MR−101はドラム式のように豆が激しく撹拌されませんのでチャフが細かくなり難く、又、スリット部も加熱性を優先させて大きくスペースを設けていません。
さらにチャフは軽く、焙煎撹拌中に上方に留まる性質があり、これもチャフを取り難くしています。特に生豆の状態でチャフが多めのブラジルでは剥離後のチャフも大きく取りにくく、同じ南米系でもコロンビアはチャフが細かく取りやすくなる傾向があります。

チャフ分離機構としてサイクロンによる遠心分離が最も適切であると考えていますが、コストアップ、空気送風による焙煎ガスの発火、チャフへの引火等の危険性を回避するため採用を見送っております。

チャフ取りに関しましてはご不便をおかけいたしますが、これらの理由から現在の方式を採用しておりますこと、ご理解いただければ幸いです。

▲このページのトップに戻る

■焙煎はむらなくできるので満足しています。ただ2点改善要望があります。

【1】深入りができない。豆によっては2ハゼが完全に終わって旨さをはっきするものもある。ほとんどの場合、2ハゼの途中で排出されてしまう。
【2】手動でできる機能を追加してほしい。この機械のユーザは焙煎を経験した人がかなりいるはず。使ううちに、豆排出まで音を聞きながら自分でやりたいという欲求がでてくると思う。
(2008.1.10 MR-101ご愛用 茨城県 H様)
 
〜カフェプロ小出より〜
この度は、ご感想メールをいただきまして、ありがとうございました。焙煎ムラがなくご満足いただいているとうかがい、うれしく思っております。
また、お使いいただいてのご提案につきましては、次期商品開発の際の参考とさせていただきたいと思います。貴重なご意見をどうもありがとうございました。

尚、深煎りをご要望とのことですが、イレギュラーな方法ではありますが、「ダブル焙煎」をお試しいただけませんでしょうか?手順は、通常の焙煎後、再度焙煎を行うのですが、2回目の焙煎はお好みの時点で、「豆排出」ボタンを押していただき、焙煎を途中で終わらせるものです。

焙煎時間が長過ぎると、豆が深煎りになり過ぎるため、テクニックが必要となりますが、一度お試しいただければ幸いです。

▲このページのトップに戻る

■焙煎機を使い始めました。
焙煎したての豆を挽いて飲むコーヒーは味が違いました。高かったので思い切って買ったのですが、正解でした。
(2007.7.25 MR-101ご愛用 神奈川県 A様)
 
〜カフェプロ小出より〜
ご購入ありがとうございました。A様はご自宅でご使用でしょうか?
12段階の焙煎調整機能と合わせ、生豆の種類によっても多用な焼き上がりが可能です。これからも、MR-101で「お気に入りのコーヒー」探しをお楽しみください。
今後ともよろしくお願いいたします。

▲このページのトップに戻る

■焙煎を始めると事務所の中が珈琲のよい香りに包まれ、予想通りの商品です。購入前に問い合わせた焙煎したコーヒー豆だけを簡単に取り出せればもっとよかったと思います。珈琲の味は手で入れたドリップより落ちるかと思います。
珈琲がたまに詰まります女の手で重い機械をゆするのはちょっときついかと。
全般的に納得のいく商品で購入してよかった。
(2007.6.7 MC-502ご愛用 新潟県 Y様)
 
〜カフェプロ小出より〜
ご感想ありがとうございます。
事務所でお使いとのことですが、焙煎の良い香りに包まれて仕事もはかどるのでは? 次回は、事務所を訪れるお客様のご感想などお聞かせいただければと思います。
これからも良い商品作りに励んでまいります。

▲このページのトップに戻る

■カフェプロ101で週に1〜2度焙煎しています。焙煎のことはよく分からないのですが、手あみ焙煎に比べとても均一に焙煎出来(不器用なので)うれしいです。希望としては、もう少しチャフが取れてくれたらなあと思います。
(2007.5.17 MR-101ご愛用 沖縄県 O様)
 
〜カフェプロ小出より〜
ハイペースのご使用ありがとうございます。ダブルヒーター・ダブルセンサーを採用した焙煎釜での仕上がりを楽しんでいただけて嬉しく思います。簡単なのに本格派。これからも様々な生豆を使用して、たくさんの味わいと香りをお楽しみください。

▲このページのトップに戻る

■生豆焙煎の際、小さな豆皮が焙煎豆と混ざりそれも一緒に抽出されるので少し味が悪くなる気がする。購入前は焙煎機のみを使用し、ネルドリップで入れていた。やはりそれにはかなわない。その分手間はかからない。もっぱら2杯分で4杯薄の水でストレートで飲んでいる(*^_^*)

要望
【1】一人分ができるといいのにな。
【2】焙煎豆をひかないで取り出せたらいいのにな。自分でひきの加減をかえることが出来るから。
(2007.5.9 MC-502ご愛用 岡山県 M様)
 
〜カフェプロ小出より〜
ご意見ありがとうございます。次期機種の参考にさせていただきます。
焙煎専用機MR-101のご活用もご検討いただけると幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。

▲このページのトップに戻る

■煎りむらも少なく価格相応の仕事をしてくれています。家庭用としては なかなかの優れ物と思います。使うときは、台所のフードファンの下へ持って行くのですが、電源コードは掃除機のように巻き取り式の方が有り難いと思います。風味と煎り加減の調整が別々になっていますが、浅煎りから深煎りまで一本化して1段階から12段階までの調整にしたほうが分かり易いと思います。
(2007.5.8 MR-101ご愛用 福井県 G様)
 
〜カフェプロ小出より〜
発送直後のトラブルでは、ご迷惑をおかけしてすみませんでした。この後は順調にご利用いただけているご様子で安心しております。商品に対するご提案ありがとうございます。使い勝手の良い商品作りを心がけてまいりますので、これからもよろしくお願いいたします。

▲このページのトップに戻る

■MR−101を購入してから、2ヶ月くらいたちました。
前回メールを送ったとき、モカジマーの豆を焙煎中に拡販バネに「豆をかんでしまう」と意見しましたが、使っているうちに、程よく豆の油が釜の内側に付着して豆をかまなくなりました。
さて、本論です。「お客様の声」の中にもありましたが、焼き上がりの豆の中のチャフです。豆をざるに開けて、うちわをもって、店の外で、ばたばたあおぐ毎日です。焙煎機がドラム式でないので仕方ないかなとは思っていますが、やっぱり全自動とするにはこれも解決すべき問題だと思います。
業界トップを目指すなら、たとえマイナーな業界でも、トップシェアはかっこいいです。焙煎機買うならDAINICHIと、言われたいじゃぁありませんか。プロジェクトXですよ。ぜひ開発してください。
機械は素人ですが、いろいろ考えてみました。焼きあがり豆を扇風機で冷却していますが、掃除機のように、外から空気を吸引して冷却すると、チャフをどこかに集められるのではないかと思ってみたりしました。冷却中の豆も羽を使って拡販するならそれも可能かな〜〜んて。
小形業務用の焙煎機という位置づけなら、価格は、15万円ぐらいしても買う人は買います。それだけの価値があるからです。
素人が勝手なことを言いました。失礼いたしました。
(2007.4.16 MR-101ご愛用 千葉県 O様)
 
〜カフェプロ小出より〜
開発へのご支援の声、ありがとうございます。
プロジェクトXですか... いい響きです。
そもそも、プロジェクトによって、当社はコーヒーメーカーの製造を始めました。(詳しくは、
開発担当者の声をご覧ください)
おかげさまで、当社の主力商品である石油暖房機器(石油ファンヒーター)ではトップシェアをいただくまでになりましたが、コーヒー事業においてもトップシェアをいただけるように、良い商品づくりに努めて参ります。今後もご意見をお願いいたします。

▲このページのトップに戻る

■私達夫婦は長野県上山田温泉で飲食業を営んでおります
親の代から続き今年で営業47年になります
おかげ様でお客様はほとんどが常連客で親子二代、三代とご利用いただいております

さて、今回購入いたしましたカフェプロMC−502ですが
最初は個人使用という目的で購入いたしました
カフェプロの価格も安いため業務用には無理かな?と言うのが購入前の正直な感想でした

私達夫婦は商売で忙しいこともありコーヒーは缶コーヒーを一日3〜4本づつも飲むという毎日でした
ネットオークションが趣味の私はネット上で目にしたカフェプロに興味を持ちダイニチさんのホームページにアクセスしました

驚いた事に焙煎まで出来るコーヒーメーカーがゲーム機並の価格で買えちゃうの?と思い妻に話、即購入となりました

妻も私も、毎日1000円程度の缶コーヒー代が浮けば良いと考えていましたが商品が届いて驚かされました
店舗に置いても違和感のないデザイン、カウンターに置ける大きさ 操作性、焙煎から抽出までの速さ、メンテナンスが簡単な事どれを取ってもプロユースに耐えるものでした

何よりコーヒーの美味しさには目を見張るものがあり、缶コーヒーを飲まなくなったことは言うまでも有りません

飲酒運転の罰則も強化された事により、ノンアルコールドリンクを求めるお客様も多くなった事や 飲酒後、美味しいコーヒーを出す他店に寄り帰るというお客様もいらっしゃいましたので当店にはタイムリーな商品となりました
ブルマンブレンドを使用しておりますが、お客様からは必ず美味しいという感想を頂いています

カフェプロについての希望は焙煎後の豆を取り出せ、他の種類のコーヒーが抽出できたら最高と思いました

また、焙煎機MR−101も欲しいのですが、502の価格と比較すると割高に感じます
希望の機能が付いた502の上位機種と101の低価格機の発売があれば良いな!と思っています

最後になりましたがダイニチさんからカフェプロ購入にあたり営業部の対応や発送の早さ
ホームページのユーザーに対する親切な情報提供、どれを取っても素晴らしいものがありました
特に、購入時の営業部の方からのメールはユーザーとして安心感を持て信頼できる会社であるというイメージを持てました
今回のお取引で、商売というものに対するダイニチさんの姿勢に勉強させられた事も大きな収穫でした

今後とも末永くお取引願いたいと考えております
(2007.3.27 MC-502ご愛用 長野県 T様)
 
〜カフェプロ小出より〜
ありがとうございます。身に余る光栄です。
ご意見、ご要望ともありがたく頂戴いたしました。
あまりにもお褒めいただいたので面映く感じたスタッフもおりましたが、一同感謝しております。
まだまだ至らぬ点も多いと思いますが、いただいたメッセージを励みにして、皆様にとって役立ち、喜ばれる存在であれたら良いなぁという思いを持って、当店を運営していきます。
末永くご愛顧いただけましたら幸いです。

▲このページのトップに戻る

■以前は週1〜2杯インスタントコーヒーを飲んでいたのですが、カフェプロで入れたコーヒーとの違いにびっくり、とてもおいしいので毎日2〜3杯飲むようになりました。
手入れや操作も簡単で、買ってよかったと大満足です。
(2007.3.26 MC-502ご愛用 愛知県 A様)
 
〜カフェプロ小出より〜
ご感想ありがとうございます。
そうなんです。新鮮なコーヒーはとても飲みやすいのです。
先日、友人達5名が我が家に遊びに来てくれました。A様のようにカフェプロコーヒーをおいしいと何杯も飲んで帰りました。30杯分の焙煎豆がすっかり空っぽ。一体何杯飲んで行ったのだろう...

▲このページのトップに戻る

■使い勝手、味・香りとも満足しております。
朝5杯分を作り、水筒に入れて仕事場に持って行っています。

ところで、昨日故障しました。
ドリップボタンを押してもミルされない、というもので、横のふたを開けて、いろいろいじっていたら元に戻りました。
焙煎豆が詰まって、ミルに落ちなかったのが原因のようです。
焙煎豆を全て落として、焙煎しなおしたらうまく行きました。
(特にエラー表示は出ませんでした。)
よくある不具合だと思いますので、HPに対処方法をアップされたほうがよいかもしれませんね。
(2007.3.26 MC-502ご愛用 奈良県 S様)
 
〜カフェプロ小出より〜
トラブル対応でお手数をおかけして申し訳ござませんでした。
メールの内容から判断して、焙煎釜下の焙煎豆ストック部からミルへ通じる部分に焙煎豆が詰まってしまったと推察いたします。
焙煎豆ストック部は下に向かうに従って狭くなる構造で、豆の落下のタイミングによって詰まってしまったと思われます。頻発するものではないと思いますが、万一発生した場合は本体を軽く揺らして解消していただけないでしょうか。(スマートな対処方法ではなくてすみません。もちろん、側面のふたを開けて豆を取り除いていただいても構いません。)
また、ランプ点滅のエラー表示がある場合は、
アフターサービスのページでご確認いただければと存じます。
今後もお昼の友としてカフェプロコーヒーを傍らに置いていただければと存じます。
ありがとうございました。

▲このページのトップに戻る

2006.12.6にMC−502のご感想とMR−101についてのご質問をいただいたK様ですが、
その後MR-101をご購入いただき、ご感想をお寄せくださいました。→2006.12.6のメール

■カフェプロMR−101使わせて頂いております。Kです。

どこの焙煎機にしようと迷っていましたが、ダイニチにしてよかったと思っております。
操作も簡単で、熟練も必要としないので、誰にでも安定した焙煎が出来ることが一番の魅力ですね。総合的には十分満足しております。
ただ、502でもそうでしたがチャフの混入が多いのが多少気になるところです。
毎回、取り出したりする時に掃除をしなければいけないのがちょっと面倒に感じております。それと機能を増やすと価格との戦いになるのだとは思いますが、ストックできてミル機能まであればいいなあと思う時もありますね!
あまり、いろいろ書くと本当に満足しているのかと思われてしまいそうですが、今後もいい商品づくりに期待しております。
頑張ってください。
(2007.2.26 MR-101ご愛用 滋賀県 K様)
 
〜カフェプロ小出より〜
ご感想ありがとうございます。
他社品と十分比較検討された結果、当社の焙煎機をお選びいただきまして光栄です。
また、MC-502と同様に、焙煎の手軽さと焼き上がりの良さを実感していただき嬉しく思っています。
使い込めば味が出るカフェプロです。またご感想をお聞かせください。
励ましのお言葉 ありがとうございます! 

▲このページのトップに戻る

2007.1.18にメールをいただいたH様から使用してのご感想をいただきました。

■Hです いつもお世話様になります
本当に暖かい日が続きますね
なんか花見のシーズンみたいです

さて焙煎機の件ですが、一ヶ月そこそこの使用ですから
まだまだ本当のことは分かりませんが
とにかく長所はみなさんおっしゃるように
ボタン一つで簡単に操作でき、安定した仕上がりができることでしょうか
欠点を見つけるのが今のところ困難ですね・・・(見つかったらレポートしますね)

一点だけちょっと疑問点があるのですが(愚問ですいません)
焙煎をスタートして、途中で風味及び煎り加減のボタンを押した場合は途中から焙煎加減が変わるんですよね?(気のせいかも)
こういうことをする人は普通いないはずですが、私はわざとそういうことをする癖(?)があるので・・・
となると焙煎がスタートしたらボタン操作をしても点灯位置(焙煎加減)を変えられない方がいいのではないかと勝手に思っています

ここら辺をもしよろしかったら教えてください
ところで、かなりきびしかった家族の評判もなかなかよろしいです
ブラックでも飲めると言われてうれしいことです

先日、幼稚園のバザーでコーヒーを提供したのですが
かなり好評でした!
二階ホールでつくったところ
一階まで喫茶店そのもののかおりがしたようです
やはり自家焙煎コーヒーは最高です
(2007.2.22 MR-101ご愛用 山口県 H様)
 
〜カフェプロ小出より〜
幼稚園でのバザーでは90杯もコーヒーを出していただいたとのこと。大盛況だったご様子ですね。
お客様からカフェプロコーヒーの味と香りを楽しんでいただけたことで、コーヒーを出す忙しさも吹き飛んだのではないでしょうか?
「2006-2007年 年末年始大感謝祭」でタッチの差でMR−101を注文できなかったそうですが、その直後のセールでご注文いただきました。「カフェプロ」をこれほどまで気に入っていただいているのかと感謝の気持ちで一杯です。ご注文と一緒にいただく近況報告メッセージも毎回楽しく拝読しています。
これからも「カフェプロ」をご愛顧いただけると幸いです。

ご質問の件ですが、
焙煎開始後の風味・煎り加減設定の変更は、開始直後の段階では変更操作は可能ですが、変更指示の時間によっては焙煎豆の仕上がりが保証できかねる状態になることも予想されますので、避けていただければと思います。
誤操作のことを考えると変更操作ができない設計とすることが望ましいと考えられますが、対応については次期モデル開発時の検討課題とさていただければと思います。
ご意見ありがとうございました。

▲このページのトップに戻る

■約1ヶ月使って見た感想は、満足してます。
今年5月にカフェをオープンさせる事になり、一年前から自己流で、ブレンドを研究してました。珈琲に関する本を読み手網焙煎で豆を焼いたり色々試した結果カフェプロを購入し、試行錯誤。やっとこの前、理想のブレンドが完成しました。30年前喫茶店で飲んでいた味で、炭焼きっぽくない、さっぱりした感じですあと、何種類か完成させるつもりです。

アメリカンコーヒーでものすごく香ばしくするためにどうすれば良いのか今、研究中なのですが、アドバイスがあれば連絡して下さい、ブレンドの仕方、焼き方、引き方???
(2007.2.13 MR-101ご愛用 北海道 S様)
 
〜カフェプロ小出より〜
カフェのオープンおめでとうございます。長い準備期間もあって、開店の喜びもひとしおかと思います。
カフェプロもお店の一員に加えていただき大変光栄です。ありがとうございます。

焙煎は”極めたということはない”と聞いたことがあります。日々進歩のための勉強のようだと。まるで人生のようです。開発担当の布川においしいアメリカンの作り方を聞いてところ、上手に浅煎りすることは焙煎で一番難しいことかも知れないとのこと。しかし、挑戦する方法として2点挙げてくれました。
1.古い乾燥した生豆を使う
   2〜3年以上経過した物が最適です。ただし、入手することは現実には難しいかもしれません。
2.時間を掛けて焙煎する
   一度、水分だけを飛ばすようなつもりで焙煎して冷却する。
   その後、色が付く程度まで焙煎する(ダブル焙煎を行う)。

S様、ぜひチャレンジしてみてください。

▲このページのトップに戻る

■カフェプロを使って感じるのは、簡単だということです。
2杯から手軽に淹れる事が出来て助かります。
最初に頼んだ豆は、ブルマンと、オリジナル、マイルド、ブラジル豆です。パンとコーヒーで、お客さんに出しているのですが、砂糖を使わずに飲む方が多いですね。
美味しいと飲んでくれますよ。

最初にお勧めの煎り方で飲んだのですが、焦げすぎ?なのか苦く感じられたので煎り方は浅くにしています、ここのカフェプロのブルマン豆を煎るときに、これ以上浅く出来ないので、困っています。
今、オリジナル、マイルド、ブラジルを浅めで煎るようにしています。
コーヒーの味を調節しようと、フィルターを2枚にしたり、水を増やしたりしています、焙煎の温度は調節できないのでしょうか?・・・
(2007.2.13 MC-502ご愛用 岐阜県 Y様)
 
〜カフェプロ小出より〜
お店でのご使用ありがとうございます。
Y様のお店からカフェプロファンが次々に増えていくことを考えると、何かワクワクしてきます。

さて、MC−502の煎り加減は比較的浅めに設定してあるのですが(
→MC−502設定煎り加減をご覧ください)、多様な好みがありますので、ブルマンブレンドの浅煎りはマッチしなかったようですね。
焙煎状態は温度センサーで確認して仕上がり状態を整えているのですが、残念ながら焙煎の温度調整自体はできない仕様となっています。
いただきましたご意見は今後の参考とさせていただきます。ありがとうございました。

▲このページのトップに戻る

■先月、妻へのクリスマス・プレゼントに「カフェプロMC−502」を購入させて頂きましたEと申す者です。

クリスマス・プレゼントではありましたが、早めに商品をチェックしなければいけませんでしたので、クリスマス前に封を開け、頂いたサンプルの生豆を使用しコーヒーを楽しんでおりました。
使用して気がついたのは、豆の些細な味まで良く解る美味しいコーヒーが出来るのですが、これまで飲んでいたコーヒーに比べ非常に味が薄い印象です。
私も妻もコーヒーは「ガツン」と来るくらいが好きなので、どうしても濃いめに入れざるをえず、またカフェプロで設定された1杯あたりの分量が非常に少なく感じる為、二人で毎朝1杯づつ飲むと、それだけで4〜5杯分の生豆を消費してしまうので、当初は「あれ〜!、これじゃ〜高いなぁ〜・・・失敗したかな〜」と感じていました。

ところが、カフェプロ購入後、近所のお店で色々な種類の生豆を非常に安く売っているお店を発見し(300gで200円くらい)、試しにそれらを買ってコーヒーを入れてみた所、非常に美味しく出来上がり、以来そこで生豆を購入して毎日ガンガン飲んでおります。(最近ではキリマンジャロを中心に飲んでいます)

カフェプロを購入して感じたのは、非常に不謹慎ではありますが、とにかく簡単な事です。今までコーヒーの粉を買って自分でお湯を注いでドリップしていたのに比べて遥かに美味しいのに、お湯を継ぎ足す手間など全く無く、ただスイッチを押すだけ・・・内心「こんな事で良いのだろうか?」と思う時もありますが、入れるのも楽、洗うのも楽なので、妻も大満足です。

これからも素晴しい商品を開発できるよう、是非とも頑張って下さい。

実は私達夫婦は独身時代、渋谷にある「タジマヤ(漢字を忘れてしまいました)」と言う、とてもコーヒーが美味しいお店でデートしていたので、カフェプロのコーヒーを飲みつつも「まだまだタジマヤのレベルには行ってないねぇ〜」などと、無責任な感想を時折漏らしている次第です。(タジマヤのコーヒーは、とても濃いのにも関わらず、物凄く澄んだ味わいで、初めて飲んだ時は衝撃が走りました)
(2007.1.26 MC-502ご愛用 千葉県 E様)
 
〜カフェプロ小出より〜
E様ありがとうございます。
ご感想をいただいて、奥様思いのご注文をいただいたときの感動と、奥様に内緒でお送りする方法をスタッフの鶴巻とあれやこれやと考えていたことを思い出しました。カフェプロを家庭の一員として加えていただきありがとうございます。
これからもカフェプロのコーヒーを傍らに、あのときの思い出話に花を咲かせていただけたら嬉しい限りです。
E様おすすめのコーヒー店もいつか行ってみたいですね。
コーヒー分量設定とカフェプロ生豆については厳しいご意見をいただきましたが、今後もお客様に喜ばれる商品とサービスのご提供に努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。 
〜購入のきっかけ〜
■そもそも何故焙煎機を買わなければならなくなったかと言いますと
これまで自分はコーヒー好きでデパートや業務用のスーパー等で
割と高価な焙煎済みの豆(ブルーマウンテンのストレート等含む)を買っていました

しかし、真面目に抽出を試みるもなかなか思い通りの味が出せないでいました
家族の評判もあまりよくないし、どうしたらいいものかと悩んでいたところ(大げさですが)
これはやはり豆の鮮度及び焙煎の深さに関係があるのではないかと勝手に思い込みました

以前、私は大学時代京都におりまして、自家焙煎をやっているというコーヒー店に何度も行って
焙煎豆を買いました
それはあまり高価でもなく、なのに美味しかったのです
あきらかに豆の鮮度がよいのだと思いました

ダイニチHPにも画像がある通り、泡立ちが全然ちがいました
先日、大手コーヒーメーカーのブルーマウンテンストレートを頂いて
試してみましたが、これもやはり鮮度が・・・

本当に残念でなりませんでした(また大げさな・・・)

そんな時、年末に開店した喫茶店にふらっと入ったところ
そこでふとMC−502を発見しました
気になってよく見てみるとダイニチの製品だとわかり
ブルーヒーターはうちでもお寺と幼稚園をやっているのでよく使っているものの
何故焙煎機及びコーヒーメーカーを作っているのかと疑問になり
HPをのぞいてみたのがきっかけです

長くなってしまいましたすいません

早速先ほど使用してみました
そしてコーヒーを飲みました
あきらかに違いました 美味いです!
本当の豆の味がしました
明日またいれてみようと思います

コーヒーの味に確信が得られれば
後日、お寺・幼稚園で振舞おうと思っています
またなにかありましたらメールいたします
(2007.1.18 MR-101ご愛用 山口県 H様)
 
〜カフェプロ小出より〜
ご縁をいただきましてありがとうございます。こんなにも喜んでいただいて感謝しております。お寺・幼稚園でみなさんが笑顔の様子を思い浮かべています。ご感想を楽しみにしていますね。
メールをいただき、感動のあまり心の中で涙しました。

▲このページのトップに戻る

2006年以前のメールはこちら
2009年以降のメールはこちら



●商品一覧
焙煎機
焙煎機能付コーヒーメーカー
コーヒー生豆
別売部品

●お役立ち情報
コーヒー物語
コーヒー豆知識
コーヒーレシピ
コーヒーの木成長記録
よくある質問
サポート情報

●カフェプロご利用のお客様
カフェプロご利用店のご紹介
お客様の声
焙煎機ご愛用のお客様
焙煎機能付コーヒーメーカー
  ご愛用のお客様

●当店について
スタッフ紹介
開発担当者の声
メルマガ登録
カフェプロ雑誌掲載

ダイニチサイト
注文サイトのカフェプロ

●ご利用にあたって
初めての方へ
お問い合わせ
資料請求
営業日のお知らせ
お支払方法について
配達について
特定商取引法に基づく表示
 

 

Copyright(C) Dainichi Co., Ltd. All rights reserved. コーヒー焙煎の【カフェプロ】