エラー表示への対処方法

焙煎機能付きコーヒーメーカー

煎り加減ランプ3つと、カップ数2のランプが点滅

煎り加減ランプ3つと、カップ数2のランプが点滅

機器が転倒したため、自動停止しました。
(転倒自動停止装置が作動)

対処方法

電源スイッチを切り、機器の水分を完全に乾かしてから処置を行なってください。

焙煎釜に豆が残っているとき
機器及び焙煎中の豆が冷えてから本体ふたを開け、掃除機などで豆を吸い取ってください。その後、電源スイッチを入れ、再度焙煎運転を行なってください。
水タンクに水が残っているとき
続けてドリップしたいときは、電源スイッチを入れ、「保温」ボタンを押してください。このとき、保温ランプ(赤)のみ点灯しますが、ドリップは行なえます。最初からドリップするときは、紙フィルター・サーバー内に入っているコーヒーを取り出し、再度セットしてから水タンクに水を規定量入れ、電源スイッチを入れてからドリップ運転してください。
そのほかのとき
電源スイッチを入れ、「保温」ボタンを押してください。

症状が改善しない場合は修理が必要です。