家庭用石油ファンヒーター・業務用石油ストーブが
さらに安全になりました!

キチッとホッと

このマークは自然通気形開放式石油ストーブおよび石油ファンヒーターの安全性向上に関する新たな技術基準のネーミングとして誕生。安全性向上のための「キチッと」した改善が行われることにより、お客様が「ホッと」暖まることができるとの意味が込められています。

PSCマーク(特定製品)について

PSC対応品

灯油の消費量が12kW以下の機器が対象になります。石油暖房機器は消費生活用製品安全法の特定製品として指定され、国により安全基準が定められています。PSCマークは国が定めた技術基準省令に適合していることを示すマークで、販売事業者は平成23年4月1日からPSCマークの表示のない石油暖房機器を販売することができなくなりました。ダイニチは平成22年3月31日までに全ての技術基準の対応を完了し、適合した製品となっています。

新技術基準のポイント

家庭用石油ファンヒーターのみ

カートリッジタンクふたの改善(閉止が音、目視または感触で確認できること)

赤太線が見えなくなるまで閉めることで、キャップの閉め具合がより明確になり、安心してお使いいただけるようになりました。

  • ワンタッチ式キャップの場合
  • 目視のほか、閉まる音と感触でも確認できます。
  • ワンタッチ式キャップの場合
  • 回転式キャップの場合
  • 斜めになりにくく、最後までしっかり閉めやすい。
  • 回転式キャップの場合
給油時消火

運転中にカートリッジタンクを取り出すと自動的に消火し、エラー「E11」を表示します。

家庭用石油ファンヒーター、業務用石油ストーブ共通

不完全燃焼防止装置の作動強化

燃焼中に一酸化炭素の濃度が基準以上になった場合、自動的に運転を停止します。

不完全燃焼防止装置が連続作動した場合の通知機能

連続して4回を上限として不完全燃焼防止装置が作動したときに、連続して作動したことをお知らせします。

不完全燃焼を繰り返した場合の再点火防止機能(インターロック)

不完全燃焼通知機能が作動した後、さらに連続して3回を上限として不完全燃焼防止装置が作動すると、通常の操作により再び点火する状態にならないようにします。
インターロック