物流部門での品質への取り組み

納期を守ってミスのない出荷体制を整え、輸送品質の向上に努めています。

納期厳守

受注データーをそのまま出荷予定日別に「見える化」し、納期遅れを発生させないようにしています。

出荷ミスの防止

出荷指示データーと製品の製造番号を1台ずつハンディーターミナルを使い検品しています。このデーターを活用し、出荷した製品と出荷先までの関連付けを行なっています。

出荷ミスの防止

出荷のようす。検品後、製品はトラックで全国に配送されます。

輸送品質確保

輸送中の製品破損のデーターをまとめ、定期的に運送会社にフィードバック。輸送品質の向上に努めています。