IRポリシー

IRに関する基本的な考え方や取組方針をIRポリシーとして定めています。

1. IR活動の基本姿勢

当社は法令遵守はもとより、投資判断に影響を及ぼす情報に関して、東京証券取引所の定める適時開示規則に従って、株主・投資家の皆様に開示することに努めます。

2. 情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報に関しては、同規則に従い、東京証券取引所の提供するTDnetにて公表しています。TDnetで公表した情報は、ニュースリリースを行うとともに、当サイトへ掲載いたします。

3. 当サイトの位置づけ

当社では公平な情報開示のために、情報の公表後、可能な限り速やかに当該情報を当サイトに掲載しています。しかし、情報通信技術上の障害等により掲載時期が遅れることもあるため、当サイトにおける情報開示は、あくまで補助的なものとして位置づけております。

4. IR活動自粛

当社は投資判断に影響を与える情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までをIR活動自粛期間としています。この期間は決算に関する質問への回答やコメントを差し控えさせていただきますのでご了承ください。ただし、このIR活動自粛期間中に、当社が公表した業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則に基づき公表することにしております。

5. 情報開示と第三者による業績予想に対する姿勢

当社は証券アナリストや株主・投資家の皆様からの質問に対しては、既に公表された事実、周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境等限られた情報に限り言及します。また、当社に関しての第三者によるいかなるコメントや業績予想等を支持することは行いません。