ダイニチの歴史(誕生期)

現在ダイニチ工業は新潟市にありますが、昭和39年(1964年)の創業当時は新潟県三条市にありました。三条市は隣の燕市とともに金属製品の生産加工地として全国的に知られています。

ではなぜこの地域で金属加工産業が盛んになったのかを簡単にまとめてみます。江戸時代、信濃川と中ノ口川の分岐点にあるこの地区は河川の氾濫や洪水に悩まされていました。人々の生活を少しでも安定させるために産業の育成が図られましたが、その中で特に盛んだったのが和釘の生産でした。江戸の町は火事が多く、釘は常に必要とされていたのです。この他にも、やすり、鎌、鋸、包丁などの刃物類、近隣の銅山から取れる良質の銅を原料とした槌器銅器や煙管は、やはり江戸をおもな消費地としていました。明治になって海外から洋釘が入ってくると和釘生産は大打撃を受けますが、燕地区では大正時代に金属洋食器工業を誕生させ現在に至っています。

ダイニチが生産する石油暖房機器も金属製品で、この流れの中にあります。

次の写真は昭和43年ごろの三条本社工場です。まだ機械設備も少なく、自力で生産できる部品は限られていました。当時のダイニチは研究・設計、そして組み立てに専念し、多くの部品は三条・燕や近隣地区の会社に協力していただくことで、企画した機器を次々に製品化することができました。

創業期のダイニチ工業

次の写真は昭和48年頃の本社工場です。プレス機械なども導入し、また業務用石油ストーブのヒットで生産も飛躍的に多くなっていた頃です。

三条時代の工場

三条工場は会社の発展とともに増築を繰り返し、最終的には次のイラストのようになります。しかし、いよいよそれでも手狭になり、昭和54年(1979年)に新潟市南区(旧白根市)へ移転することになります。

三条工場の増築

では、創業期の製品をご紹介します。

創業期を支えた製品

次の写真上段は「加圧式石油ストーブ」、下段は「加圧式石油コンロ」です。

加圧式石油ストーブ

ただし、これらは「ダイニチ工業」ではなく、当社の前身である「東陽技研工業株式会社」の製品です。「東陽技研工業」は昭和32年から39年1月までの期間、ダイニチ工業の創業者である佐々木文雄が経営していた会社です。この時の製品ブランド名が「ダイニチ」でした。

ブランド名ダイニチ

昭和30年頃までの日本の多くの家庭では薪、コークス、木炭などを燃料とする竈(かまど、へっついとも言う)を土間にしつらえて炊事をするスタイルが一般的でした。 ガスコンロは大正年間から使われていたものの、それは都市などの一部に限られていたのです。石油コンロは終戦後からじわじわと家庭に普及を始め、昭和30年代には製造メーカーも200社を超えたと言われています。当時としてはハイテク製品で、これを買うことは多くの主婦の夢だったとも聞いています。

石油コンロ

意外に思われるかもしれませんが、灯油はなかなか燃えにくい燃料です。お皿にたらしてマッチの炎を近づけても簡単には着火しません。それはある意味安全性の高さにつながり、一般家庭での保管や使用にも適している面があります。

このためポータブル石油ストーブでは灯油を芯に吸わせて燃焼しますし、現在の家庭用石油ファンヒーターもあらかじめ灯油に電気で熱を加えて沸騰気化させてから点火するなどの方法を取ります。 しかし当時の加圧式コンロには電気で予熱する機構は備えられていませんでしたので、着火から安定燃焼までの操作にはある程度の熟練が必要でした。

次の機種を例に、操作手順を簡単に説明させていただきます。

  • 円筒形のタンクは二つに仕切られていますので、小さい方にガソリンを、大きい方に灯油を入れます。
  • タンク手前に見える自転車の空気入れのようなポンプで空気を押し込み、タンク内の圧力を高めます。
  • コックやバルブを操作し、タンクからガソリンをバーナーに送り込み、マッチなどで点火します。
  • しばらく燃焼していると、炎の熱で気化パイプ(バーナーに炙られている横長のパイプ)が暖まりますので、燃焼を灯油に切り替え、使用します。
  • バルブを回して火力を調節します。また長時間使用するとタンクの圧力が下がりますので、時々ポンプを動かして圧力を高めます。

石油コンロ

このように操作に煩雑さがある加圧式コンロ、あるいは加圧式ストーブですが、竈のように使用後に灰を処理する必要もなく、また持ち運んでどこでも使用できる便利さもあって、昭和30年代には多くの家庭で使われていました。全国に販売店も多数ありました。

しかし、プロパンガスが普及したり、石油ストーブにおいてもより操作が簡単な芯上下式タイプが登場すると、加圧式コンロやストーブの市場は事実上消滅、一時期従業員が百数十人まで増えた「東陽技研工業」も昭和39年1月に整理せざるを得なくなりました。

それでも加圧式燃焼の青く燃える美しい炎に魅せられていた佐々木文雄は、点火・消火時はもとより燃焼中のニオイの少ないこの燃焼方式をさらに改良することで、よりよい燃焼器を開発できると考え、「東陽技研工業」時代のブランド名「ダイニチ」を社名にし、昭和39年4月に新会社「ダイニチ工業」を設立しました。

ダイニチ工業に会社を変えてからしばらくは、東陽技研時代から開発を続けていた各種バーナーを生産していました。

バーナー

これら バーナーの中で例えば昭和41年(1966年)から生産されたRD-2型などは、家庭用の風呂釜で薪の代わりの熱源として人気を博したものです。

RE-2型バーナー

当時の家庭用の風呂といえば、このようなタイプが一般的でした。 燃料は主に薪や炭、はじめは風呂釜の中に新聞紙などを丸めて置き、その上に小枝を置いて火をつけ、しばらくしたら薪や炭を載せます。毎日の仕事として大変なお風呂沸かしですが、このRD-2型を使えば、薪の風呂釜もたちどころに石油風呂釜として使えます。ちなみに火力はタンクの位置で調節します。タンクを高くセットすれば火力は大きく、低くセットすれば小さくなるのです。

風呂釜説明図

RD-2型は風呂用だけでなく様々な目的に使え、販売台数も多く、創業期の当社を支える製品となりました。

燃焼するバーナーの写真